「地下かんがいシステム」の操作説明会が行われました

2019年06月24日 | コンテンツ番号 43322

 令和元年6月24日(月)、ほ場整備事業を実施中の平鹿高口地区と田ノ植地区において、農家の方を対象に「地下かんがいシステム」の操作説明会が行われました。

 平鹿高口地区は和村会館で、田ノ植地区は吉田地区生涯学習センターで、それぞれ実施しました。両部合わせて60名程度が参加しました。
 

 「地下かんがいシステム」とは、地下から水を上昇させて作物へ給水するかんがい方法です。秋田県では水田を有効に活用するため、野菜や花きなどの作物の作付けを推進し、安定的な生産を目指して、このシステムの導入を進めてきました。

(※「地下かんがいシステム」について詳細は以下のリンクをご覧ください。)
  ・地下かんがいシステム利用マニュアル [7019KB]
  ・地下かんがいシステム利用マニュアル~リーフレット版~[2041KB]

 

 秋田県雄物川筋土地改良区から依頼を受け、農家のみなさんに使用方法について改めて知ってもらい、機能を最大限活用していただくことを目的として、平鹿地域振興局農村整備課が主催し、システムユニットのメーカーから操作説明を受けました。

 [143KB]   [74KB]

 

 水閘(黄色のふた)と地下かんがい調節閘(緑色のふた)、注水口のユニットの実物を持ってきていただきました。

 水閘と地下かんがい調節閘については、普段は地中に埋まっていて見ることができませんが、パイプの内部が見えるよう表面の一部をくり抜いたものを使って説明が行われ、操作によって内部がどのように作用し、水が流れるのかがわかりました。不具合や故障を防ぐため、操作ハンドルを地表面より上に出しっぱなし・ふたの開けっぱなし・力任せの無理な操作はしないよう注意がありました。

 注水口(水口側)については、暗渠管にゴミが入らないように必ずかご形の網(多孔パイプ)を設置し、水流と網の向きに留意するよう指示がありました。
 

 [145KB]   [118KB]

 

 続いて、システムが導入されている近くのほ場へ行き、実際に操作をしながら水の流れを目で見たり、手入れ方法を確認したりしました。仕組みを説明された後の実践的な操作説明だったので、より理解が深まったと思います。

   [172KB]   [144KB] 

   [189KB]   [196KB]

 

 農家のみなさんからは、「システムユニットを資料でしか見たことがなかったので、実物を見て触れられてよかった」「実際に使ってみたい」「維持管理の方法について知れてよかった」「操作説明会に来られなかった人にも使い方を教えたい」などの感想がありました。

 「地下かんがいシステム」により、栽培する作物に最適な地下水位が実現でき、水管理の効率化と収量増加が期待されています。今回の操作説明会が、農家のみなさんにとって、今後の営農の手助けとなり、有意義な時間となったのであれば幸いです。