令和元年度 魅力ある里づくりモデル地域の決定について

2019年09月01日 | コンテンツ番号 44589

令和元年度魅力ある里づくりモデル事業の実施モデル地域が決定しました。

採択団体には、中山間地域ならではの地域資源を生かした取り組みで交流人口の拡大を図り、「魅力ある里づくり」のモデル地域となるよう計画策定から拠点整備、実践活動まで総合的に支援します。(支援期間:最大4年、支援額:最大530万円)

なお、モデル地域は3年間で6地域を選定予定です。

1.大仙市大沢郷宿地域

(1)里づくりのテーマ
    大沢郷地区いきいき里づくり構想(おらだのまち元気大作戦)

(2)実施団体
    大沢郷三地区結々会

(3)目指す姿

              公民館を交流拠点として整備し、湧水や伝統文化、祭り等の魅力ある地域資源を有効活用した
          交流活動の実施により、地域コミュニティの再形成と交流人口の拡大を図る。

(4)主な取組
   ①雄清水を活用した水車整備事業
   ②体験農園事業
   ③椒沢番楽継承事業  など

(5)計画の概要

    事業計画の概要はこちら(大仙市大沢郷宿地域)

 

2.湯沢市秋ノ宮地域

(1)里づくりのテーマ
    秋田ゆざわ・里山ディスティネーション(そのこある魅力を視覚化する里づくり)

(2)実施団体
    一般社団法人 地域力ワークスやまもり

(3)目指す姿
    空き家を活用した交流拠点を整備し、耕作放棄地や農山村資源、温泉地熱などの
   地域資源を組み合せた活動で滞在型農山漁村地域の受入交流拠点地域を創出する。

(4)主な取組
   ①手作り古民家改修(里山の拠点整備)
   ②地域特産物の魅力を生かした加工品づくり
   ③魅力ある里地里山モニターツアーの実施(サイクリングツアー) など

(5)計画の概要

    事業計画の概要(湯沢市秋ノ宮地域)

   団体の情報はこちら(Facebookへ)   

   

その他

 ◇魅力ある里づくりモデル事業実施要領