肝炎治療に対する医療費助成

2017年07月27日 | コンテンツ番号 3067

秋田県ではB型及びC型肝炎患者の早期治療を促進し、将来の肝硬変・肝がんの予防、肝炎の感染拡大防止及び県民の健康の保持、増進を図ることを目的として、抗ウイルス治療に係る医療費を助成しています。

対象者

次の1~3の項目をすべて満たす方が対象となります。

1.以下の(1)~(3)の方で、認定基準を満たす方

 (1)B・C型肝炎ウイルスによる慢性肝炎

 (2)B・C型肝炎ウイルスによる代償性肝硬変

 (3)B型肝炎ウイルスによる非代償性肝硬変

 ※認定基準に合致するかどうかは、医学的判断を伴うので、主治医にお問い合わせください。

2.住民票の住所地が秋田県内にある方

3.国民健康保険等の医療保険に加入している方

 助成を受けるには

次の1~6の必要書類をそろえて、お住まいの地域を管轄する保健所(秋田市の方は秋田県庁健康推進課)へ申請し、知事の認定を受ける必要があります。
県の審査を経て認定を受けると『肝炎治療受給者証』が交付されます。
(審査の結果不認定となる場合がありますので、あらかじめ御了承願います。)

1.申請書

  • 申請書様式は、保健所(秋田市保健所除く。)、秋田県庁健康推進課で交付しています。

2.診断書

  • 診断書様式は、保健所(秋田市保健所除く。)、秋田県庁健康推進課で交付しています。
  • 受診医療機関において記載されたもの(発行後3か月以内)を提出してくだい。

3.意見書(必要な場合)

  • インターフェロンフリー再治療において、必要な場合は受診医療機関から交付されます。

4.健康保険証の写し

  • 申請者の氏名が記載された健康保険証のコピー

5.住民票謄本

  • 世帯全員の名前が記載されている住民票(発行後3か月以内のもの。個人番号の記載のないもの。)

6.課税額確認書類

世帯全員の市町村民税〈所得割〉課税年額を証明する次のいずれかの書類を提出してください。

(申請時において発行される最新のもの:所得のない方の分も必要です。)

  • 市町村民税普通徴収税額通知書または特別徴収税額通知書
  • 市町村民税課税証明書または非課税証明書

注①:世帯の課税年額(所得割)の合計が235,000円を超える場合、それ以上の額の課税年額を証明する書類の提出は不要です。

注②:被扶養者となっている学生で非課税の方については、申請時に口頭で申告してください。                                       

診断・治療指定医療機関

「申請手続きに必要な診断書作成」と「本助成による治療」は、制度を円滑にすすめるために、県が指定する医療機関で行います。

なお、インターフェロンフリー治療に係る診断書作成医は、日本肝臓学会肝臓専門医又は県が指定する日本消化器病学会専門医です。

無料肝炎ウイルス検査、肝炎治療費助成に係る診断・治療指定医療機関および初回精密検査・定期検査実施医療機関一覧

受給者証の有効期間

  • インターフェロン治療
    受給者証の有効期間は原則として申請した日の属する月の初日から1年以内で、治療予定期間に即した期間です。ただし、一定の条件を満たす場合は、6か月の有効期間の延長が認められます。
  • 核酸アナログ製剤治療
    受給者証の有効期間は原則として申請した日の属する月の初日からその年の9月末までです。ただし、一定の条件を満たす場合は、受給者証の更新が認められます。
  • インターフェロンフリー治療
    受給者証の有効期間は原則として申請した日の属する月の初日から4か月、5か月、7か月以内で、治療予定期間に即した期間です。
  • いずれも、詳細を受給者証交付時に御案内いたします。

助成額

受給者証を医療機関等の窓口で提示することにより、対象となる医療費について、下表の区分に応じた自己負担限度額超える部分について助成します。

世帯の市町村民税(所得割)課税年額 自己負担限度額(月額)
自己負担限度額
235,000円以上の場合 20,000円
235,000円未満の場合 10,000円

※県が指定した保険医療機関・薬局に対し、当該治療に必要な費用に相当する金額を交付します。(保険薬局はすべてみなし指定としています。)

肝炎治療に係る医療費助成の仕組み

その他

認定後に住所等の変更が生じた場合は、申請した窓口に変更手続き方法についてお問い合せください。また、肝炎治療費助成事業においては、今後の肝炎対策の基礎資料とするため、患者さんが治療を受けた医療機関に対し、肝疾患治療効果判定報告書の提出を求めております。当該報告書の使用にあたっては、プライバシーの保護に十分に配慮し、目的以外に使用することは一切ありません。

問い合わせ・受付窓口

事前に電話で相談してください!

時間:平日午前8時30分~午後5時15分(土日祝日除く)

※郵便による申請も受付けます。この場合も事前に電話で連絡してください。

また、日中に連絡のつく電話番号を申請書に必ず明記してください。

保健所 ・ 県庁
住所
電話番号
FAX番号
大館保健所
〒018-5601
大館市十二所字平内新田237-1
0186-52-3952 0186-52-3911
北秋田保健所
〒018-3393
北秋田市鷹巣字東中岱76-1
0186-62-1165 0186-62-1180
能代保健所
〒016-0815
能代市御指南町1-10
0185-52-4333 0185-53-4114
秋田中央保健所
〒018-1402
潟上市昭和乱橋字古開172-1
018-855-5170 018-855-5160
由利本荘保健所
〒015-0885
由利本荘市水林408
0184-22-4122 0184-22-6291
大仙保健所
〒014-0062
大仙市大曲上栄町13-62
0187-63-3403 0187-62-5288
横手保健所
〒013-8503
横手市旭川1-3-46
0182-32-4005 0182-32-3389
湯沢保健所
〒012-0857
湯沢市千石町2丁目1-10
0183-73-6155
0183-73-6156
秋田県庁 健康推進課
〒010-8570
秋田市山王4丁目1-1
018-860-1424 018-860-3821

様式等ダウンロード

リンク