肝炎ウイルス検査を受けましょう!

2017年07月28日 | コンテンツ番号 4129

肝炎ウイルス検査を受けたことはありますか?

B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスに感染していても、あまり症状が現れないために、感染に気が付かないことがほとんどです。 

肝炎ウイルスは、感染を放置しておくと、慢性肝炎→肝硬変→肝がんへと進行する可能性があることから、早期に発見して適切な治療を行うことが大切です。

秋田県では、検査を受ける方の利便性を高めるため、保健所において無料肝炎ウイルス検査を実施しているほか、医療機関においても無料検査を実施しています。

これまでに検査を受けたことがない方は、ぜひ一度、検査を受けてみてください。

医療機関での検査

検査項目

  • B型肝炎ウイルス検査
  • C型肝炎ウイルス検査

対象者

 秋田県内(秋田市にお住まいの方はこちら※)にお住まいで、これまでに肝炎ウイルス検査を受けたことがない方。    

◎次のような方はC型肝炎ウイルス感染の可能性が一般より高いと考えられています。

  • 1992年(平成4年)以前に輸血を受けたことがある方
  • 大きな手術を受けた方
  • 血液凝固因子製剤や1994年(平成6年)以前にフィブリノゲン製剤(フィブリン糊としての使用を含む)の投与を受けたことがある方
  • 長期に血液透析を受けている方
  • 臓器移植を受けた方
  • 過去に肝機能異常を指摘されたことがある方(AST、ALT値が要指導判定)
  • その他、薬物乱用者、入れ墨をしている方、ボディピアスを施している方 など

検査費用

  • 無料です。

検査を実施する医療機関

保健所での検査

検査項目

  • B型肝炎ウイルス検査
  • C型肝炎ウイルス検査

検査費用

  • 無料です。

検査日程

  • 日時は各保健所にお問い合わせください。
  • 検査は予約制です。あらかじめ電話し、予約した日時に来所してください。

その他の検査

  • 職場や市町村で実施している健診で肝炎ウイルス検査を受診できる場合があります。受診する機会があるかどうかや、費用、日程等の詳細は、医療保険者(保険証の交付元)やお住まいの市町村(健康診査担当部署)にお問い合わせください。

検査を受ける一般の方へ