薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」~「ダメ。ゼッタイ。」普及運動~

2020年06月19日 | コンテンツ番号 26058

【薬物乱用とは?】
 薬物乱用とは、覚せい剤などの違法薬物を使用することや、医療に使われる医薬品を本来の目的から逸脱した目的で使用することを言います。社会のルールから外れた目的や方法で使用することは、1回だけでも乱用です。
 薬物の乱用により、情緒不安定、幻覚、妄想、記憶障害、人格変化、肝臓や腎臓などの臓器障害、視力低下、生殖器の機能障害など、様々な症状が現れます。

 

【薬物乱用は特別な人だけの問題ではありません】
 麻薬、覚せい剤、大麻、危険ドラッグなど、「自分には関係のないもの」と思っている人もいるかもしれませんが、薬物乱用は特別な人だけに関係する問題ではありません。皆さんにとって身近な問題になってきていることは確実で、人間の命はもとより、社会や国の安全や安定を脅かす深刻な社会問題の一つとなっています。


「ダメ。ゼッタイ。」普及運動

 令和2年6月20日から7月19日は「ダメ。ゼッタイ。」普及運動実施期間です。

 「ダメ。ゼッタイ。」普及運動は、国内における薬物乱用防止活動において、官民一体となり、国民一人一人の薬物乱用に関する認識を高めるとともに、国連総会決議に基づく「6.26国際麻薬乱用撲滅デー」の周知を図ることにより、国内外における薬物乱用防止に資することを目的とするものです。

 併せて、「ダメ。ゼッタイ。」国連支援募金運動を展開し、国連を通じて、開発途上国で薬物乱用防止活動を行っている民間団体(NGO)の活動資金として支援することにより、薬物乱用のない21世紀の地球環境づくりを目指します。


 

□■関係リンク■□

薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」ホームページ

http://www.dapc.or.jp/

厚生労働省(薬物乱用防止に関する情報のページ)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/index.html