鹿角市 児玉 一 市長(おすすめの一冊)

2018年03月01日 | コンテンツ番号 32266

おすすめの一冊

 [123KB]
 書名:炎立つ
 著者名:高橋 克彦
 出版社名:講談社文庫
 
 
 
 
 
 
 
 

平成5年から放送された NHK 大河ドラマの原作で、北東北が舞台であり、鹿角市もロケ地になりました。市民もエキストラで参加するなど、当時は大いに盛り上がりました。東北を内地化しようとする朝廷と源氏、安倍一族、出羽の清原一族の戦乱が描かれ、第一部は、鹿角の尾去沢赤沢坑口でロケを敢行し、鹿角に始まり鹿角に終わります。私達の先祖蝦夷側の視点から語られるこの歴史ドラマは、読むものの胸を揺さぶります。

読書時間の確保で工夫されていることは

本を読む時間を意識的に確保するようにしています。

読書の効用として感じていることは

心を豊かにしてくれるほか、自分を知るきっかけを与えてくれます。

秋田県ブックリーダーとしてのメッセージ

読書は知識や考える力を高めるだけでなく、人間としても成長させてくれます。きっと人生の中で役に立ちますので、皆さんも読書をして「大切な一冊」に出会ってほしいと思います。