読書活動の推進

読書活動の推進について

 秋田県では、都道府県で唯一「読書条例」(秋田県民の読書活動の推進に関する条例)を施行し、読書活動を通じて県民が心豊かな人生を送り、文化的で豊かな社会を構築していくことを目指し、県民運動として読書活動推進に取り組んでいます。

 子どもから大人まで、すべての県民が読書に親しむ機運を更に高めるため、11月1日を「県民読書の日」と定め、この日を中心とした一定の期間に読書イベントの集中開催などを行っています。

 また、秋田をテーマとした作品を募集する「ふるさと秋田文学賞」は、「県民読書の日」の制定を記念して創設されました。

ふるさと秋田文学賞

 この文学賞は、平成26年度に「県民読書の日」制定記念事業として創設されました。

 秋田県を舞台とした、あるいは秋田県内の自然・人物・文化・風土・物産などを題材とした、小説・随筆・紀行文で、秋田県の魅力をアピールしていただきたいと、県内外から作品を募集しています。

 この文学賞を通じて、多くの人に秋田県への愛着を深めてもらうとともに、読書に親しむ気運が高まることを願っています。

県読書活動推進ウェブサイト「あきたブックネット」