まちなかBOOKリーダー

2020年01月27日 | コンテンツ番号 41805

秋田県内で読書に関連する取組をしている方々「まちなかBOOKリーダー」に、特長ある取組の概要と「私の一冊」を伺いました。

≪スクロールしてご覧ください≫

   

 

 [68KB] #6 阿仁合の本やさん(北秋田市)

  てんちょう 柳山 めぐみさん

  ふくてんちょう 長谷川 拓郎さん(阿仁合コミューン) 

  『本に会いに行こう』
 
 
「阿仁合の本やさん」について
 
 店舗のある「阿仁合」は、かつて阿仁鉱山として栄え、とても賑わっていました。その阿仁合に、文化や人との交流を生む場所の一つとして、「阿仁合の本やさん」は誕生しました。静かな店内で、思いがけない本や言葉との出会いをお届けできたらこんなに嬉しいことはありません。
 
 
私の一冊 ~自分と向き合う時間やヒントをくれる本
『モモ』ミヒャエル・エンデ
 
 便利さや、物の多さにこそ価値があると思いがちな現代人に、それと引き換えに失っている物があることを思い出させてくれます。他人軸の時間に縛られ続けることで、自分を生きることができるのか……。
 「モモ」は私たち一人一人の心の中にずっと前から存在していて、自分と向き合う時間やヒントをくれるような気がしています。 
  [45KB]

  

  

『モモ』

ミヒャエル・エンデ 作
大島 かおり 訳 
岩波少年文庫
 
 

   

 

相場詩織さん「人生の相棒」 [109KB] #5 相場 詩織さん(フリーアナウンサー)

  エフエム秋田「水曜mix」しおリコメンドbook

  『人生の相棒』

 

 

 
エフエム秋田「水曜mix」しおリコメンドbook について
 
 毎週水曜15時~生放送中のラジオ番組エフエム秋田「mix」で「しおリコメンドbook」と題して私のおすすめの本を紹介しています。
 読書をしなくても人は生きていくことができますが、私自身は読書を通じて「自分の想いを言語化すること、表現すること」を磨くことができ、より人生に彩りを添えてもらってきました。
 読書は強制されてすることではなく、自分が興味あること、好きなジャンルを好きな時に読んで気づいたら心が豊かになることだと思うので、読書に苦手意識がある方にこそ「自由で、好きに選んでいいんだよ」と感じてもらいちょっとした読書へのきっかけを作れたらと思っています。
 
 
 
私の一冊 ~明日も丁寧に生きようと思わせてくれる本
『ランチのアッコちゃん』 柚木 麻子 
 
 忙しすぎて心も体も余裕が無く、自分のことを大切にできずにいた時に出会った一冊。
 忙しい時、辛い時こそ「食は人の天なり」という言葉があるように、自分の心と体を支えるごはんを食べることが大切なのに、当時の私は仕事や他人を優先し食事を後回しにしたり疎かにしてしまっていたりしました。
 そんな時にこの本と出会い、食べ物の奥深さ、食事が私たちにもたらす幸福を、改めて感じることができました。
 自分の心と身体を慈しみ、明日も丁寧に生きようと思わせてくれます。
 八方塞がりで何もかも上手くいっていないという方、この本を読んで是非美味しいごはんを食べてもらいたいです。
  [65KB]

  

  

『ランチのアッコちゃん』

柚木 麻子 作
双葉社

 

   

 

 [306KB] #4 沓澤 優子さん(湯沢市)

  インテリアショップ&カフェ momotose代表
 
  『未知への旅』
 
 
「momotose」について
 
 店内にいくつかある本棚は、主に「暮らし」にまつわる書籍をそろえました。
 誰もが行う日々の営みに、小さな探求心が芽生える本に引き合わせられたら…。
それがお店の願いです。
  文字を目で追いながら、違う世界に思いを馳せる少しの時間。
その未知への旅が、慌ただしい時代に生きる私たちの心を涵養し、充足した気持ちで好奇心を失わずに生きるための手掛かりになると信じています。
 
 
私の一冊 ~自分自身に目を向けさせてくれる本
『花の知恵』モーリス・メーテルリンク
 
 「自分たちが体現している存在形態を、どこまでも無数に増やす」という壮大な野望を持つ植物は、終生不動の定めに従って風や虫など周囲で動く環境を巧みに利用し、遠くへと種を運ぶ。
 本を読み進んでいく中で、虫を受粉に利用するための花の形状や、蜜の配置場所、それを与えるタイミングを知るにつけ、それを知性と呼ぶ以外に表現する言葉が見つからなくなる。
 私たちの足元に咲くどんな小さな花も、反骨精神や粘り強さ、創意工夫の結果であり、同時に私たちの手本であることに気づかせてくれる良書だと思います。 
  [543KB]

  

  

『花の知恵』

モーリス・メーテルリンク 作
高尾 歩 訳 
工作舎
 

 

 

 [387KB] #3 東海林 諭宣さん(秋田市)

  株式会社SeeVisions代表取締役 
 
  『自分の限界
    読書で超える』
 
 
亀の市」と「ヤマキウ南倉庫」について
 
 ヤマキウ南倉庫は、築40年を超える倉庫をリノベーションした複合施設です。<屋根付きの公園>をイメージしたホールを中心に、10のショップと6のオフィス、コワーキングスペースが入居します。1階「KAMENOCHO HALL KO-EN」には、知識を得られるパブリックスペースとして、「LIBRARY A(ライブラリ・アー)」があります。ここにある本は、ヤマキウ南倉庫と亀の町ストアを含む敷地内で自由に読むことができます。グランドオープンでは「亀の市」を同時開催し、県外からもブックストア2店に出店していただきました。
 本を読むことは知識を得られるだけでなく、「そこにいてもいい」という環境を作ってくれることも魅力です。まさにパブリックスペースに必然なものですよね。
 
 
私の一冊 ~読むと勇気が湧いてくる本
『ようこそ ようこそ はじまりのデザイン』graf
 
 grafと出会ったのは、僕がデザインの仕事をはじめた直後だったと思う。出会ったといっても新聞の一面でのこと。写真はテーブルを囲む6人。実はそれぞれが違う職能を持ったチームで行う(クリエイティブユニット)という。ビビビッと衝撃が走ったのを覚えている。本書はgraf15周年に出版された。ものづくりに向かう姿勢というか、物語が綴られている。それぞれのプロフェッショナルが、横断的にものづくりをしているgrafを知ることができる。参考書であり、なにより勇気が湧いてくる一冊。 
  [76KB]

  

  

『ようこそ ようこそ はじまりのデザイン』

graf 著
muesum 編集 
学芸出版社
 
 

 

 

  [72KB] #2 佐藤 聡子さん(秋田市出身)

  ヴァイオリニスト
  アラヤード・ピクニック主宰
 
  『1冊の本は1つの新しい扉 人生でたくさんの扉が開かれますように』
 
 
「アラヤード・ピクニック」について

 
 秋田・新屋で、いまある地域の宝をあらためて共有し、いろいろな土地から人が集い、ともに食卓を囲み、本や作品を通して、お一人お一人がそれぞれの心の糧となるような時間が紡がれることを思い描いて、音楽会、展覧会、講演会、読書会、食事会の5つをおこなう「アラヤード・ピクニック」を立ち上げました。
 読書会は「ビブリオ・ピック」と名づけました。その回のお題に合った本をお一人1、2冊選び、ご紹介いただいています。
 
 
私の一冊 ~互いに尊重し合える大切な存在があることに幸せを感じられる本
『ふたりはきょうも』アーノルド・ローベル
 
 収録されている中の「ひとりきり」というおはなしは、何度読み返したかわかりません。
 がまくんとかえるくんは大の親友。いつも一緒でしたが、ある日「ひとりきりになりたい」と置き手紙をして、かえるくんが姿をけします。そしてがまくんが必死の思いで探し、会えたとき、かえるくんが語った言葉に、私は胸をうたれました。
 お互いに尊重できる大切な存在があるということの幸せ、生きている中での愛おしい瞬間を感じる作品です。
 
  [82KB]

  

  

『ふたりはきょうも』

アーノルド・ローベル 作
三木 卓 訳 
文化出版局
 
 

 

 

 [44KB] #1 工藤 秀典さん(秋田市)

  古ほんや灯書房 店主
  新屋一箱古本市事務局
 
  『本を読んで創造力を高めよう!』
 
 
「一箱古本市」の活動と「灯書房」について

 南陀楼 綾繁〈なんだろう あやしげ〉氏の呼びかけにより、2005年4月、東京不忍界隈の軒先でミカン箱一つに入る本を持ち寄って開催された本のフリーマーケット。これが「一箱古本市」の始まりです。
 その後、一箱古本市は全国各地で開催され、秋田では、2011年7月に「秋田Book Boat」が秋田市仲小路で第1回となる一箱古本市を開催しました。私も「灯書房〈あかりしょぼう〉」として参加しました。
 土日営業の古本屋、灯書房は、2017年7月に秋田市飯島道東の国道7号線沿いに開業しました。4月に行われる「ものまちさんぽ」での一箱古本市や、5年連続で開催されている10月の「明徳館こんわ会一箱古本市」にも出店しています。毎年本好きの方々が開催を待ち望んでくださっており、大変喜ばしく思っています。これからもどこかの一箱古本市に出店しますので、ぜひお会いしましょう。
 
 
私の一冊 ~「本当に大事な人」について考えさせてくれる本
『チルチルの青春』メーテルリンク
 
 童話好きな人なら、一度はメーテルリンクの『青い鳥』を読んだことがあると思います。この物語は、チルチルとミチルが青い鳥をさがす旅をしてから7年後のチルチルの姿を描いたお話です。
 チルチルが16歳になったある夜、魔法使いのおばあさんが寝室に現れ、好意を寄せている女性はいるのかと尋ねます。そこからチルチルの新たな旅が始まります。
 人の幸せとは何か、ということについて書かれた『青い鳥』の続編、『いいなずけ THE BETROTHAL -A SEQUEL TO THE BLUE BIRD(英訳)』(1918年発表)をもとに1987年に中村麻美氏が翻案した物語です。
 「本当に大事な人とは何か」に気づくきっかけを与えてくれる素敵な本ですが、残念なことに今は絶版となっています。図書館にはあると思いますので、ぜひ探してみてください。

 [80KB]

 

 

 

『チルチルの青春』

メーテルリンク 原作
中村 麻美 翻案・画 
あすなろ書房