読書活動推進パートナー支援事業

2019年04月02日 | コンテンツ番号 32623

 秋田県は、全国に先駆けて「読書条例」と「県民読書の日(11月1日)」を制定し、県民総ぐるみで読書活動を展開しています。

 読書活動推進パートナー支援事業では、企業や団体が市町村とパートナーになり、スーパーやコミュニティスペースなど、住民が利用しやすい施設に図書コーナーを設置する取組を支援し、身近に本があるまちづくりを推進します。

 本事業は、企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を活用した事業で、平成30年度までに寄附をいただいた企業は次の3社です。(敬称略)

 シービーシー総研(株)、損害保険ジャパン日本興亜(株)、損保ジャパン日本興亜キャリアビューロー(株)