広報紙「あきたびじょん」(令和4年度)

2022年06月24日 | コンテンツ番号 63621

 県では、年6回、奇数月1日に、全戸配布広報紙「あきたびじょん」を発行し、県民の皆さまへ県政情報をお届けしています。

更新内容

 (令和4年6月24日)

【目次】

(※ 以下、固有名詞の後ろに、括弧・平仮名で読み仮名を記載している箇所があります。)

 

あきたびじょん2022年7・8月号

特集 世界遺産を見て聞いて感じよう !

画像:広報紙あきたびじょん2022年7・8月号 表紙(おもて))

PDF版(2022年7・8月号)はこちら [13131KB]

今号の表紙 縄文時代の食卓イメージ(鹿角市)

「生きた歴史を体感する、食の記憶を探る旅へ。」

 大湯環状列石の「縄文食」体験プログラム。火と土器を使うことによって長時間の煮炊きが可能となった食文化の原点を学ぶ内容で、当時の調理方法を再現したメニューを食べることができます。
 写真は、再現料理 (写真中央 • 石の上) や材料、体験プログラムで使用される土器のレプリカを並べ、当時の食卓風景をイメージしたものです。 

内容

関連情報(ソーシャルメディア:note)

(ページのトップに戻る)

あきたびじょん2022年5・6月号

特集 あきた芸術劇場ミルハス いよいよ6月に開館!

 

 

画像:広報紙あきたびじょん2022年5・6月号 表紙(おもて)

PDF版(2022年5・6月号)はこちら [12814KB]

今号の表紙 あきた芸術劇場ミルハス(秋田市)

「千秋の桜? 伝統工芸のコラボレーション」

総合案内の壁は、樺細工、川連漆器、曲げわっぱが埋め込まれた、縦4メートル、横7メートルの巨大な伝統工芸作品。10種類の桜皮の質感や色、模様の違いを生かした繊細なモザイクの樺細工や、川連漆器の塗りと蒔絵に映える曲げわっぱなど、秋田の伝統工芸の豪華共演を鑑賞できます。細かなパーツの一つ一つに、伝統工芸を守る職人たちの技が光っています。

内容

関連情報(ソーシャルメディア:note)

(ページのトップに戻る)

参考

(ページのトップに戻る)