八郎潟町 畠山 菊夫 町長(おすすめの一冊)

2018年03月01日 | コンテンツ番号 32288

おすすめの一冊

 [78KB]
 書名:偉大なる対話
 著者名:安岡 正篤
 出版社名:福村出版
 
 
 
 
 
 
 
 

安岡先生は、肥前平戸藩の名君 松浦静山の随筆「甲子夜話」巻三十九に輯録されている「水雲問答」を愛読されておりました。この「水雲問答」とは、 上州安中藩の碩学者 板倉伊予守勝尚と彼に師事した幕府学頭 林述斎との往復書翰集です。両者の問答を通じて、いかに互いの識見を磨きあっていたか、安岡先生の解説による本で是非一読を。

読書時間の確保で工夫されていることは

移動時の車中や出張時の時間を利用して読んでいます。

読書の効用として感じていることは

人格形成において欠くことは出来ません

秋田県ブックリーダーとしてのメッセージ

碩学大儒の文章は、絶えず自分の座右に置くことで、自らを深めることにもつながっていきます。