毒物及び劇物製造業・輸入業の手続きについて

2010年11月12日 | コンテンツ番号 4782

毒物及び劇物について販売又は授与を目的に製造(輸入)する場合には、製造業(輸入業)の登録が必要です。
登録を受けるには、次の書類を提出してください。
ただし、製造(輸入)する品目が原体であるかどうかによっては、申請先が異なります。

(1)申請先

  1. 厚生労働省(地方厚生局):原体(※1)の製造・輸入
    ※1基本的に化学的純品を指すもの。
    日本工業規格(JIS規格)にあるものも原体と判断します。
  2. 都道府県:原体を除く製剤(※2)の製造・輸入
    ※2一般に希釈・混合など一定の加工が施されているもの。
    原体の小分けも都道府県の申請となります。

(2)提出書類

(提出部数:国権限・・・2部、県権限・・・1部)

  1. 登録申請書(別記第1号様式)※下記参照
  2. 申請者が法人であるときは、定款もしくは登記簿謄本(内容全部証明書)
  3. 付近の見取り図
  4. 製造所(営業所)の平面図
  5. 設備の概要図
  6. 製造(輸入)品目書
  7. 製造工程の概略図(フロー図等)(製造業のみ)
  8. 粉塵、蒸気、廃水の処理方法、処理設備の概略図(製造業のみ)
    注)登録申請の際には、併せて毒物劇物取扱責任者設置届も提出ください。

(3)手数料

  1. 県権限27,200円(秋田県証紙)
  2. 国権限14,100円(収入印紙)+20,600円(秋田県証紙)

※毒物及び劇物取締法23条、毒物及び劇物取締法施行令第43条
地方公共団体の手数料の標準に関する政令第41条
秋田県毒物劇物販売業登録等手数料徴収条例第2条

申請書等の様式については、次の「毒物及び劇物取締法関係」のリンク先である「申請書ダウンロードサービス」をご活用してください。
詳細については、医務薬事課医務・薬務班へお問い合わせしてください。