6月23日(日)、東北北部で平年より8日、昨年より14日遅く、梅雨入りが発表されました。
 気象庁発表の3か月予報では、降雨量は平年並み(気温はやや高め)とのことですが、近年は、集中豪雨など短期間で一気に雨量が増える傾向にあり、昨年7月に発生した大雨災害のように「これまで経験したことのない大雨(大規模災害)」は、いつ・どこで発生してもおかしくありません。

 また、災害が起きるたびに聞こえてくるのが、行政側による救助(公助)の遅れ・・。
 しかし、地域の人口に対して、消防署員や消防車の数はどうでしょうか?災害の規模が大きくなればなるほど、手が回らなくなるのは必然・・・まして、道路の浸水等によって現場に向かえないなど、現状では、致し方ないこともあります。
 このようなことからも、発災時は「公助」だけに頼らず、平時から「自助」と「共助」を意識することが重要です。

 ~ 自分(たち)の命は自分(たち)で守る、地域のことは地域のみんなで守る。 ~

 これらを実践するためにも、まずは、

 皆さんが一人一人で「できること」(※別添ファイル参照)から始め、家族や周囲の皆様にもお伝えする(広める)など、
「自助」の意識醸成と「命を守る行動」の普及促進に向けた取組(お声がけ)に心がけましょう!

 ◆防災・減災対策のポイント

皆さん一人ひとりが「できること」[153KB]