第2回ウッドファーストあきた木造・木質化建築賞 応募作品を紹介します!

2021年09月09日 | コンテンツ番号 59514

 県では、県内の木造・木質化のモデルとなる優れた建築物を選出・表彰するとともに、県民や建築関係者の皆様に紹介するため、「第2回ウッドファーストあきた木造・木質化建築賞」を開催しています。

 今回は、5つの募集部門で計11点の作品の応募がありました。ご応募、ありがとうございました。

 ここでは、部門別・応募順に応募作品をご紹介します。 

木造部門A(中・大規模)

 延床面積が500㎡を超える又は軒高9mを超える非住宅木造施設です。

  1. コアニティー(上小阿仁村集住型宿泊交流拠点施設)

    上小阿仁村の中心部に位置し、集住型アパート・短期滞在・交流の3エリアを有する多機能複合施設です。

    超高齢化社会においても、地域の自助と共助を基本としつつ、多世代にわたって交流人口を増加させながら地域コミュニティの創造を図る目的で整備されており、熱源に木質チップボイラ、階段等にCLTを使用する先進性も併せ持ちます。
    施設写真
    コアニティー01 コアニティー02 コアニティー03
  2. 湯の駅おおゆ

    開湯800年の歴史を持つ大湯温泉郷(鹿角市)に位置する観光交流施設であり、「道の駅おおゆ」の中心施設です。

    まちの「えんがわ」を基本コンセプトに、南面は全面ガラス張りとして軒下を設け、「足湯」や「温泉じゃぶじゃぶ池」を配置したほか、一帯は、芝生張りとして、地域の朝市を開催する屋根付きスペース「大湯えんがわ市」や屋外ステージを設けるなど、当施設を中心に、観光客と地域の人々がゆったりとした雰囲気の中で交流し、賑わいを生み出す空間を目指しました。

    施設には、秋田県立大学木材高度加工研究所が開発した「円筒LVL」をスクリーン、ベンチやレジカウンターなどに使用しています。

    施設写真
    湯の駅おおゆ01 湯の駅おおゆ02 湯の駅おおゆ03

木造部門B(小規模)

 延床面積が500㎡以下又は軒高9m以下の非住宅木造施設です。

  1. 寺内地域包括支援センター寿光園・寿光園居宅介護支援事務所

    秋田市寺内後城にある、地域の高齢者のお悩みや困りごとの相談を受け、支援するための施設です。

    秋田杉の規格寸法材を使った「組立て梁」や「合わせ梁」によるホール空間など、材料を外国産材等に頼らない計画とし、「地産地消」の建物づくりへとシフトを促す「秋田オリジナル」な建築の実現を目指しました。
    施設写真
    寿光園01 寿光園02 寿光園03
  2. 美郷アトリエ

    美郷町土崎にある、実験棟を兼ねた建築事務所です。

    地場で流通する杉製材で制作する2種類のパネルを積層させた構造躯体で、防火・耐震性を確保しつつ、蓄熱や断熱、調湿性能を併せ持った新工法で設計・建築されています。

    木材はもとより、石や土も地域産を用いたほか、雪処理を考慮しつつも眺望、日射、通風計画などをシンプルにまとめ、換気はオールシーズン窓の開閉により、空調によらない、サステナブルな建築を目指しました。

    施設写真
    美郷アトリエ01 美郷アトリエ02 美郷アトリエ03

内装木質化部門

 非住宅施設で、内装木質化を行ったものです。

  1. 寺内地域包括支援センター寿光園・寿光園居宅介護支援事務所

    木造部門Bをご参照ください。

  2. 秋田駅トピコ郵便局
    秋田駅に直結する商業施設トピコ内に位置する郵便局で、交通機関からのアクセスも良く、幅広い年齢層の方に利用されています。

    秋田産の杉をポイントとなる面に配置し、周辺環境や地域と調和した温かみのある空間を造ることを目指しました。 

    施設写真
    郵便局01 郵便局02 郵便局03
  3. ABS秋田放送 本社屋

    JR秋田駅西口に移転・新築したラジオ・テレビ局、ABS秋田放送の社屋です。

    秋田駅周辺の景観や建築物を意識し、県都の玄関口としてふさわしい風格と設計を目指しました。

    1階の天井アルミ製グリットと秋田杉を材料としたLVL(単板積層材)、床の石材は放送局らしさと秋田らしさを醸しだしています。

    地球環境に配慮したエコロジー素材である秋田杉のLVL(単板積層材)は、その積層面をデザインとして見せることで空間に特徴を付けています。

    2階のラジオスタジオは、秋田駅東西自由通路『ぽぽろーど』とのアイコンタクトを意識しました。

    秋田杉からこぼれる光が、秋田駅西口を暖かく灯しています。
    施設写真
    ABS01 ABS02 ABS03
  4. WANTS AND FREE

    秋田ふるさと村近くの大型店舗が立ち並ぶ地域にあるセレクトショップの一角に設けられたキッズスペースです。

    国産の杉パネルをふんだんに使い、高低差のあるデザインで子どもの好奇心をくすぐり、回遊性のあるデザインで、まるで冒険しているような楽しさを提供しています。
    施設写真
    W01 W02 W03

リノベーション部門

 非住宅施設で、木材を使用してリノベーションを行ったものです。

  1. Atelier AL☆VE(アトリエ アルヴェ)

    秋田駅に直結する秋田拠点センターALVE内にあった映画館をリモートオフィスに改修した施設です。

    多様な働き方に対応できるコワーキングスペースの他、各種オフィススペースを整備。

    秋田の玄関口として、白神山地の木立をイメージした段上通路、曲げわっぱや杉樽をモチーフにした備品などを配置しています。

    施設写真
    A01 A02 A03
  2. Newテラス広小路

    千秋公園のお堀に近い広小路の空きビルをレンタルオフィス・シェアオフィスに改修した施設です。

    天然秋田杉一枚板のカウンターを始め、秋田杉をふんだんに使った内装、ストレッチスペースやシャワールーム、屋上テラスまで備えた「わくわくビジネス」空間に仕上がりました。
    施設写真
    N01 N02 N03
  3. わくばにかほ

    閉校した旧にかほ市立上浜小学校を改修し、起業・創業する方々が、経営アドバイスなどの支援を受けながら働けるようにした”インキュベーション拠点施設”です。

    起業・創業する方々が学び、積極的に対話を行うことで、多様な発想が”湧く場”の形成を目指しています。

    オフィス、個人室、コワーキングスペース等のほか、カフェスペースも設けています。
    また、諸室と廊下を結ぶように庇(ひさし)をかけ、本来は人々が溜まらない空間へも居場所の形成を図っています。 

    施設写真
    わ01 わ02 わ03

屋外空間部門

 公園・造園・緑化、外構、街づくり等において、構築物の形で屋外空間に木材を使用したものです。

  1. ゆざわ市民の森

    湯沢市役所の南東に位置し、森林浴・キャンプ等で市民を始め多くの方に利用される森林公園で、リニューアルに合わせて設置された施設群です。

    池に面したウッドデッキや遊歩道の安全柵、看板、テーブルやベンチのほか、すべり台などの木製遊具もあります。
    施設写真
    Y01 Y02 Y03

ダウンロード