第1回ウッドファーストあきた木造・木質化建築賞 受賞作品を紹介します

2021年03月23日 | コンテンツ番号 55733

 「ウッドファーストあきた木造・木質化建築賞」は、秋田県内に現存し、良好に維持管理されている建築物等から、木材利用により付加価値が創出された木造・木質化のモデルとなる優れた建築物を選出するとともに、県民や建築関係者に向け広く紹介・普及啓発を図ることで、県産木材の需要拡大をさらに推進することを目的として、令和2年度に開催しました。

 第1回目の今回は、3つの募集部門で計27点の作品の応募がありました。たくさんのご応募ありがとうございました。応募作品について審査委員会による厳正な審査を行った結果、受賞作品計7点を決定しました。また、令和2年12月17日(木)に表彰式を開催しました。

  表彰式  パンフレット表紙

募集期間   令和2年9月17日(木)~  令和2年11月13日(金)    

受賞数              計7点

  1. 木造部門            2点(最優秀賞1点、優秀賞1点)
  2. 木質化・リノベーション部門   3点(最優秀賞1点、優秀賞1点、佳作1点)
  3. 屋外空間部門          2点(最優秀賞1点、優秀賞1点)

表彰式    令和2年12月17日(木) 秋田県児童会館

〇建築賞の実施概要や各受賞作品の詳細については、ダウンロードファイル(PRパンフレット)よりご確認ください。

ダウンロード