令和3年度秋田県獣医師修学生募集について

2021年04月09日 | コンテンツ番号 11243

令和3年度秋田県獣医師修学生の募集について                                                お問合せ先:畜産振興課家畜衛生班 ☎018-860-1808

 秋田県では、獣医学を専攻し、将来、本県の獣医師職員として家畜衛生や公衆衛生の向上等のために勤務することを志す大学生の皆さんを支援する獣医師修学資金を準備しております。
 その概要は次のとおりですが、まずは、遠慮なく御相談ください。

 また、私立獣医大学に進学し、大学卒業後、本県の獣医師職員(農林水産部)として勤務することを志す「県内在住の高校生3年生等」を対象とした修学資金[入学金等 上限175万円、入学後月額18万円、全額返還免除規定あり]も準備しています。
 この高校3年生等向けの修学資金の応募方法等についは、次のサイトで御確認いただき、ご興味のある場合は、遠慮なく、お問合せください。

【リンク】令和3年度秋田県地域枠産業動物獣医師養成確保対策事業修学資金(高校生等枠)修学生の募集

応募資格

 大学において獣医学を履修する課程に在学し、卒業後に本県の獣医師職員として勤務しようとする皆さんが対象です。
 なお、貸与する学年が複数となった場合は募集対象としない場合があります。

修学資金の種類

秋田県産業動物獣医師修学資金

 
将来、本県において産業動物の防疫・衛生指導等を実施する県機関である農林水産部(家畜保健衛生所、畜産試験場等)に従事する意志を有する方が対象です。 

修学資金の内容

  1.  貸与月額 国公立大学10万円 私立大学18万円
  2.  貸与期間 契約締結時から卒業まで(最長6年。休学等の期間を除く。)
  3.  返還免除 次の事項の全てが満たされた場合は、貸与を受けた修学資金の全額が返還免除となります。

 産業動物獣医師修学資金
・大学卒業後2年以内に獣医師免許を取得すること
・獣医師免許取得後1年以内に秋田県の家畜保健衛生所等に就業し、家畜防疫員になること
・修学資金の貸与を受けた期間の2分の3(月額18万円の場合は3分の5)以上の期間、秋田県の家畜保健衛生所等に勤務すること 

< 貸与額と返還免除となる勤務期間 >
【例1】私立大学1年生から貸与を受けた場合
月額18万円 ✖ 6年間 = 総額1296万円
 ⇒ 10年間の勤務で全額返還免除
【例2】国公立大学5年生から産業動物獣医師修学資金の貸与を受け場合
月額10万円 ✖ 2年間 = 総額240万円
 ⇒ 3年間の勤務で全額免除 

募集数

 募集数 若干名

  産業動物獣医師修学資金 

 

応募書類

  1. 秋田県獣医師修学資金応募書(様式第1号)
  2. 自己紹介(様式第2号)
  3. 在学証明書

※ 応募書及び自己紹介の様式には、黒又は青のインク又はボールペンを用いて、直筆で楷書により記載してください。
※ 送付された応募書の内容を確認させていただいた後で、修学資金に係る申請書及び添付書類の提出などについて、御説明します。

応募期限

令和3年度の応募期限
第2回目 令和3年9月30日
(第3回目以降の募集は未定ですが、御要望がある場合は、遠慮なく担当者へ御相談ください。)

書類の提出・お問い合わせ先〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1番1号 

  • 秋田県農林水産部畜産振興課 家畜衛生班
  • ℡018-860-1808

 御連絡をいただければ、応募様式のほか、獣医師業務の紹介や秋田県のガイドマップなど、御要望に応じた資料を送付します。また、場合によっては、修学資金を御検討されている皆さんのところへ御説明に伺うことも検討しますので、御遠慮なく御相談ください。

秋田県が貸付している修学資金の種類と返還免除の対象となる就職先

 
  秋田県産業動物獣医師修学資金
A 秋田県農林水産部(家畜保健衛生所、畜産試験場など)

 

B 秋田県生活環境部(食肉衛生検査所、動物管理センター、保健所、自然保護課など)

×
C 秋田県農業共済組合連合会等の民間団体 ×

参考

 なお、秋田県農業共済組合連合会(お問い合わせ先:℡018-884-5222)でも同様の修学資金を貸与しています。

ダウンロード

参考

 「秋田県農林水産部に所属する獣医師等の実務やインタビュー」・「秋田牛」・「比内地鶏」等に御興味のある方は、下記の外部リンクをクリックください。

秋田県産業動物獣医師修学資金