野生いのししへの豚熱経口ワクチン散布事業について

2023年06月26日 | コンテンツ番号 74353

 国内では平成30年9月以降、野生いのししの間で豚熱の感染拡大が続き、飼養豚における豚熱感染の要因となっています。
 本県では、野生いのししを介して豚熱ウイルスが養豚場周辺に拡散するリスクを低減させるため、「秋田県アフリカ豚熱及び豚熱侵入防止対策協議会」(構成員:県、関係市町村及び畜産関係団体等)と連携し、野生いのししに対する豚熱経口ワクチン(以下「ワクチン」という。)の散布事業を実施しています。

1 ワクチンについて

 ワクチンは、トウモロコシなどを材料としたビスケット状の餌の中に液状のワクチンを封入したもので、野生いのししが食べることによって、豚熱ウイルスに対する免疫を獲得させ、豚熱の感染を防止するものです。
 ワクチンは山林等の地中に埋めて散布します。

豚熱経口ワクチン

豚熱経口ワクチン内部 豚熱経口ワクチン

ワクチンの散布地点において、野生いのししがワクチンを摂食している様子

【写真】
野生いのしし2

【動画(下記2画像ともに外部リンクあり:YouTube)】
野生いのしし1 いのししワクチン摂食

(秋田県内にて2023年8~9月撮影)

2 皆様へのお願い

 豚熱ウイルスはいのししの糞便等に排泄されるため、靴底や衣服、荷物、車などを介して遠隔地へと運ばれる可能性があります。
 県内及び国内の養豚業を守るため、以下のリーフレット及びウェブサイト参考に、豚熱ウイルスの拡大防止に御協力ください。

豚熱経口ワクチンの写真です。
豚に病気を広めていませんか!? 農林水産省 Maffchannel

・一般向けリーフレット [594KB]
・登山者、キャンパー、山林内作業者向けリーフレット [750KB]
・CSFについて(消費者の方へ)(農林水産省ウェブサイト)

3 【年度別】散布計画及び散布実績