農地整備課からのお知らせ

このページでは農地整備課が所管する事業や業務について紹介します。

農業農村整備事業に関する情報

農業農村整備事業指針、事業計画について

このページでは秋田県農業農村整備事業の運営指針である「農業農村整備実施方針」や、各事業における実施計画や事業評価等を掲載します。

ほ場整備を契機とした担い手育成の取り組み

スマート農業を支える基盤整備の取り組み

スマート農業の推進に向けて

自動走行農機やICTを用いた水管理システムなどの先端技術を活用するスマート農業は、作業の省力化や生産規模拡大、品質の向上などの効果が期待されています。

農地整備課では実証事業等を行い、「基盤整備」視点からのスマート農業の検討や、啓発・普及を進めます。

     自動操舵による田植え作業      自動給水栓による水管理

        自動操舵による田植え作業             自動給水栓による水管理

戦略作物生産拡大のための取り組み

戦略作物の生産拡大には、ほ場の排水強化が不可欠であり、モミガラ補助暗渠などの実施例、効果等を紹介します。

水土里ネット(土地改良区)に関する情報

※「水土里(みどり)ネット」とは・・・正式名称を「土地改良区」という農家の組織で(全国に約6000組織)、農地の整備や農業水路の維持管理を行っているほか、住民の方と連携した地域づくりや地域農業の振興のための活動を行っています。

あきたの農業農村整備

秋田県の農業農村整備事業を紹介する「あきたの農業農村整備」をダウンロードできます。

田んぼダムの取り組みについて

近年、集中豪雨による災害が頻発化・激甚化し、人家や農業用施設、農作物等への被害が増加しています。
このため県では、令和3年度から本格的に田んぼダムの実証に取り組む予定としており、田んぼダムの取組状況・効果のほか、農家の声などを「田んぼダム通信」により、幅広く情報発信します。                            

【田んぼダムとは】                                                                  田んぼダムとは、大雨時一時的に水田へ雨水を貯留させ、流出の時間を遅らせることにより、ピーク時の流出量を軽減(図1)することができます。このことから、周辺の水田等を含め、下流域の被害を未然に防止する効果が期待されます。

図1(農林水産省HPより)
流出量比較(農林水産省HPより)