クロピラリド被害に係る注意喚起について

2017年02月02日 | コンテンツ番号 21079

  国内登録の実績がない除草剤の一種であるクロピラリドが残留した輸入飼料を給与された牛のふん尿を原料とした堆肥が原因と疑われる野菜や花き等の園芸作物等の生育障害については、平成17年に全国で複数の事例が発生したところです。
 しかしながら、依然として複数の県でクロピラリドが原因と疑われる生育障害の事例が確認され、国から被害発生の防止及び生育障害が発生した場合の対策のための関係者による取組を強化する通知がありましたので、お知らせします。

畜産農家の皆様へ

1 輸入粗飼料を購入する際にクロピラリドの残留の可能性がある旨の情報を受領した場合は、家畜の排せつ物の提供先に対し、「この家畜排せつ物等はクロピラリドが残留している可能性があるため、園芸作物等への使用に当たっては作物の種類や施肥量に留意し、場合によっては使用を控える必要がある」旨の情報を確実に伝達します。

2 自ら堆肥を生産している畜産農家が、輸入粗飼料を購入する際にクロピラリド残留の可能性がある旨の情報を受領した場合であって、堆肥を園芸農家等に提供する前にクロピラリド感受性作物を用いた生物検定を実施した場合は、その結果を堆肥の提供先に伝達します。

3 園芸農家等に提供した家畜排せつ物等によってクロピラリドが原因と疑われる生育障害が発生したことを把握した場合は、県に速やかに報告するとともに、県等による原因究明のための調査に協力してください。

啓発チラシ 畜産農家の皆様へ.pdf

堆肥製造・販売業者の皆様へ

1 家畜排せつ物等の提供を受ける際に畜産農家より、クロピラリドの残留に関する情報を受領した場合は、堆肥等の提供先に対し、「この堆肥等はクロピラリドが残留している可能性があるため、園芸作物等への使用に当たっては、作物の種類や施用量に留意し、場合によっては使用を控える必要がある」旨の情報を確実に伝達します。

2 家畜排せつ物等の提供を受ける際に畜産農家より、クロピラリドの残留に関する情報を受領した場合であって、堆肥を園芸農家等に提供する前にクロピラリド感受性作物を用いた生物検定を実施した場合は、その結果を堆肥の提供先に伝達します。

3 園芸農家等に提供した堆肥等によってクロピラリドが原因と疑われる生育障害が発生したことを把握した場合は、県に速やかに報告するとともに、県等による原因究明のための調査に協力してください。

啓発チラシ 堆肥製造・販売業者の皆様へ.pdf

園芸農家の皆様へ

1 施肥基準等に即し、堆肥の施肥量及び施用方法を適正に行います。

2 堆肥等の提供を受ける際は、クロピラリドの残留の可能性を提供元に確認します。

3 堆肥等にクロピラリドの残留の可能性がある旨の情報を受領した場合は、堆肥等に対してクロピラリド感受性作物を用いた生物検定を実施するなど、当該堆肥等の利用を予定している園芸作物等に生育障害が生じるおそれがないことを確認した上で堆肥等を使用します。

4 堆肥等の利用によってクロピラリドが原因と疑われる生育障害が発生したことを把握した場合は、県に速やかに報告するとともに、堆肥等の提供者に対し、その旨を伝達します。

啓発チラシ 園芸農家の皆様へ.pdf

クロピラリドによる被害軽減対策及び生物検定法等について

「飼料及び堆肥に残留する除草剤の簡易判定法マニュアル」(平成21年3月策定)は下記より入手できます。
リンク
・農研機構ホームページ
  http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/pamphlet/tech-pamph/011167.html

添付ファイル

H29年1月5日付け 28北消第363号、28北生第1153号.pdf

別添通知文書.pdf

別添飼料輸入業者向け.pdf

別紙1(クロピラリド).pdf

別紙2(調査フロー).pdf

別紙3(報告様式).docx

1 家畜排せつ物等の提供を受ける際に畜産農家より、クロピラリドの残留に関する情報を受領した場合は、堆肥等の提供先に対し、「この堆肥等はクロピラリドが残留している可能性があるため、園芸作物等への使用に当たっては、作物の種類や施用量に留意し、場合によっては使用を控える必要がある」旨の情報を確実に伝達します。

2 家畜排せつ物等の提供を受ける際に畜産農家より、クロピラリドの残留に関する情報を受領した場合であって、堆肥を園芸農家等に提供する前にクロピラリド感受性作物を用いた生物検定を実施した場合は、その結果を堆肥の提供先に伝達します。

3 園芸農家等に提供した堆肥等によってクロピラリドが原因と疑われる生育障害が発生したことを把握した場合は、県に速やかに報告するとともに、県等による原因究明のための調査に協力してください。