ツキノワグマ情報

2018年01月17日 | コンテンツ番号 23295

◆クマの冬眠期に入り、「クマ出没警報」を12月21日に解除しました。

平成29年度のクマの目撃情報と人身被害の状況は次のとおりです。

 ◆ツキノワグマの月別目撃件数(県警察本部資料による)

 4月 15件 5月 103件 6月 306件 7月 319件 8月 220件 9月 140件

 10月 154件 11月 32件 12月 9件 1月 1件 計 1,299件

 ◆ツキノワグマによる人身被害者数

 5月 3人 6月 3人 7月 2人 8月 2人 9月 5人 10月 4人 11月1人

 被害発生場所別人数:山林等 10人 人里 10人 計 20人

注意情報!

平成29年の秋は、ブナやドングリ類が凶作のため、冬季に入っても餌を求めて人里に出没しているクマがいます。特に、山林等に近接している住宅地周辺では十分注意してください。

クマの目撃情報

地図でご確認いただけます。こちらをご覧ください。

 クマ被害の防止方法

山や里山など林の中や周辺で活動する際には、クマの被害にあわないための予防方法をとることが重要です。
クマ被害の防止方法を今一度、確認してください。

◎2人以上で行動し、単独行動は慎みましょう。
◎周りに音を出しながら行動しましょう。
◎子グマには決して近寄らないでください。
◎もし、出会ったら、ゆっくり後ろにさがり、静かにその場から立ちさりましょう。
◎生ゴミや残飯などは放置しないでください。クマを引き寄せる原因になります。

★関係法令の許可を受けずに野生鳥獣の捕獲のために「わな」を設置する行為は法律で禁止されています。こうような行為により、人身事故の危険性もありますので、違法な「わな」の設置は行わないでください。

なお、農作物等の被害で対応が必要な場合は、市町村の担当課にご相談ください。

リーフレット

「クマに注意!!」のリーフレットをご活用ください。
リーフレット(PDF)
リーフレット(JPG)1ページ目
リーフレット(JPG)2ページ目
※PDFファイルを開けない場合は、PDFファイルを一度デスクトップ等に保存してから開くようお願いします。

県政テレビ番組

平成29年5月1日、4日放送の県政テレビ番組でも、被害防止方法をご紹介しています。
放送テーマ:クマに注意!思わぬ事故を避けよう
http://www.youtube.com/watch?v=NMFPDcW6B3g

 クマの目撃情報

県内のクマの目撃情報などを地図上で公開しています。
なお、警察本部から提供される目撃情報などにより、情報は随時更新していますので、参考にしてください。

【凡例:地図上のマーク】
紫色:人身被害発生箇所(昨年度は・、今年度は!で表示しています)
黄色:捕獲箇所
青色:目撃情報箇所

※地図が表示されない場合は、アカウントを有効にする処理が必要な場合がありますので、画面表示をご確認ください。