多面的機能支払交付金

写真:山頂からの景色

秋田県では、平成19年度から平成25年度までは「農地・水・環境保全向上対策」を「水と緑に包まれた秋田の原風景(ふるさと)を守り継ぐ県民運動」として位置付け、実施してきました。

平成26年度からは新たに「多面的機能支払交付金」として再スタートしております。

このサイトでは、活動組織の紹介と、イベント情報等を発信します。

多面的機能支払交付金による取組の評価等を行う第三者委員会

 平成25年度に、中山間ふるさと水と土保全対策事業及び中山間ふるさと水と土保全推進事業と多面的機能支払交付金の効率的かつ、適正な執行を確保するための第三者機関として秋田県農山村ふるさと保全委員会を再編設置し、さらに平成27年度には中山間地域等直接支払交付金、環境保全型農業直接支払交付金も加えて秋田県農山村ふるさと保全検討委員会に再編しています。

▸平成25年度以降の検討内容はこちらへ

地域振興局HP

活動組織訪問

多面的機能支払交付金の活動事例を紹介するコーナーです。

リンク(協議会、組織別HPなど)

関連する団体等へのリンクです。