【県内中小企業の皆様へ】東京圏から県内企業へ就業された方に、最大200万円の移住支援金を支給する事業がスタート!

2019年03月25日 | コンテンツ番号 40997

 東京圏からの移住の促進と県内中小企業の人材確保を図るため、Aターン希望者と県内企業とのマッチングを強化するとともに、移住就業者に対し市町村と共同で移住支援金を支給します。
 移住就業者が移住支援金を受けるためには、企業がマッチング支援対象法人(移住支援金対象法人)として県に登録されていることが条件です。
 Aターン求人を行っている企業は、ぜひマッチング支援対象法人(移住支援金対象法人)の認定登録申請をお願いします。


制度概要
〇移住・就業支援事業
1 一般分
 東京都23区在住又は通勤者が、マッチング支援対象企業(※)に正規就職した場合、市町村から「移住支援金」を支給します。
 ・家族で移住・・・100万円/世帯
 ・単身で移住・・・60万円/世帯

2 県単支援分
 1の支援金対象者のうち、先進技術の活用を担う人材として、また人材不足が特に深刻な分野において就職する技術職・専門職である場合、県からさらに支援金を支給します。
 ・家族で移住・・・100万円/世帯
 ・単身で移住・・・60万円/世帯

Q&A
Q:マッチング支援対象法人(移住支援金対象法人)とは?
A:東京圏に本社がある企業や大資本の企業等を除き、製造業など地域経済を牽引する産業の法人や、建設業など地域の安全安心を支える産業の法人、働きやすい職場づくりに取り組む法人を対象とします(移住・就業支援事業実施要領案をご覧ください)。

Q:マッチング支援法人に認定されるとどうなる?
A:移住支援金支給の条件となる就業先法人として県が登録するほか、ウェブサイトに求人情報を掲載します。また、登録法人を対象とした求人力向上を図る研修会等により、人材確保を支援します。

Q:マッチング支援対象法人(移住支援金対象法人)の認定申請方法は?
A:所定の申請書に法人登記簿履歴事項全部証明書と求人情報掲載データを添えて、秋田県移住・定住促進課あてに申し込みください。

【1 記載要領】
〇 様式5「マッチング支援事業における移住支援金対象法人に係る登録申請書」に次の要領で必要事項を記入してください。
① 1申請者欄に法人名等の各項目を記載のうえ会社印を押印してください。
② 2申請者に係る確認事項について、
(1)各項目の「該当する・該当しない」について、別紙1-1~1-3を参考に該当する欄に〇を付けるとともに、コードの該当するものを記入してください。
(2)(様式5別紙2)登録申請に関する誓約事項を確認のうえ、回答ください。了承いただいた場合のみ、登録します。
〇 移住支援金対象求人掲載データに、Aターン正規求人(週20時間以上無期雇用)情報に係る各項目を説明欄に従って、入力欄1~5に入力してください。

【2 提出方法】
〇 「様式5登録申請書」及び「法人登記履歴事項全部証明書」は、移住・定住促進課あて郵送により提出してください。
〇 「移住支援金対象求人掲載データ」は、ファイル名の先頭に【 】書きで貴法人名を明示の上、電子メール(アドレス:hello3751@mail2.pref.akita.jp)により提出してください。

Q:掲載スケジュールは?
A:毎週金曜日までの申請分を翌週最終開庁日までに追加掲載します。掲載された日以降の求職申込にかかる移住就業者が移住支援金の対象です。
(対象法人・求人一覧はこちらから

Q:マッチング支援対象法人(移住支援金対象法人)の役割は?
A:移住支援金は、マッチング支援対象法人に就業して3か月経過後に、移住就業者が市町村に申請することで支給されます。その際、就業先法人は本人に就業証明書を交付していただく必要があります。
また、移住就業者の就業状況等に異動があった場合、県に報告していただきます。 


首都圏から県内企業への就業をお考えの方は、こちらをご覧ください。

ダウンロード