秋田市で、地域コミュニティ創生シンポジウムを開催!

2018年10月23日 | コンテンツ番号 38067

 10月19日(金)、メトロポリタン秋田で、地域コミュニティ創生シンポジウムを開催しました。
 当日は地域住民や関係団体、行政関係者等を含め169人が参加しました!

 シンポジウム全体1 シンポジウム全体2


 シンポジウムの前半は、一般社団法人持続可能な地域社会総合研究所所長 藤山 浩 氏を講師に迎え「田園回帰の時代と集落再生のあり方について」を演題に、基調講演をしていただきました。

藤山氏1  藤山氏2

 藤山氏は、地域政策の先進地である島根県の出身であり、ご自身が体験してきた地域の危機感や、およそ20年前から取り組んできた事例を基に、緻密なデータ分析結果や具体的な解決策などを紹介していただきました。


 シンポジウムの後半では、県活力ある集落づくり支援室長から「コミュニティ生活圏形成支援事業」に関する報告をした後、「将来にわたって暮らし続けるための地域づくり」をテーマとした、地域づくり団体や行政機関の代表者によるパネルディスカッションを行いました。


男鹿市長
男鹿市の事例を紹介する菅原市長(写真右)


吉澤氏
丸森町の事例を紹介する吉澤事務局長(写真中央)

能登氏
能代市上町の事例を紹介する能登自治会長(写真中央)


佐竹知事
県としての見解を述べる佐竹知事


 各パネリストから事例が紹介された後、地域づくりにおいて、地域住民や行政が果たすべき役割などについて、討論が行われました。

ディスカッションの様子


 地域コミュニティ創生シンポジウムは、今回の県央会場のほか、11月1日は県南、11月8日は県北を会場として開催します。
 参加の事前申込を受け付けておりますので、ぜひお誘い合わせのうえ、ご参加ください!

参加申込の詳細は、以下のページをご参照ください。
https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/37531

当日配布資料
①藤山氏基調講演資料PDF [15521KB]
②男鹿市長パネルディスカッション資料PDF[3533KB]
③吉澤氏パネルディスカッション資料PDF[3538KB]
④能登氏パネルディスカッション資料[4166KB]