鳥獣保護区とは

2010年11月25日 | コンテンツ番号 266

 野生鳥獣の保護繁殖と生息環境の保全を図るため、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」(略称「鳥獣保護法」)に基づき指定している区域です。
 具体的には、多くの鳥獣が棲む森林や大型の鳥獣の生息地、渡り鳥の飛来地、絶滅のおそれるある鳥獣の生息地、市街地やその近くで鳥獣が生息するのに適しているところなどで、重要なところが指定されます。

 鳥獣保護区等の種類と規制内容等については、次の表のとおりです。
 なお、鳥獣保護区は、環境大臣が設定する「国設鳥獣保護区」と、都道府県知事が設定する「都道府県設鳥獣保護区」の2種類があります。また、鳥獣保護区の中には、特別保護地区を設定することができます。

区分 規制内容 箇所数 面積 ha
鳥獣保護区等の種別・規制内容と県内の指定箇所・面積(H22.11.1現在)
鳥獣保護区 狩猟期間中の鳥獣の捕獲禁止 176(4) 144,642(28,843)
特別鳥獣保護地区 工作物の設置、水面の埋立、立木の伐採といった行為等は、環境大臣又は県知事の許可が必要。 42(3) 14,260(6,358)
休猟区 狩猟の永続性を保つため、3年以内休猟する区域 66 114,358
特定猟具使用禁止区域(銃器) 銃猟による危害防止のため銃猟を禁止する区域(網やワナの使用は可能) 64 18,352
指定猟法禁止区域(鉛散弾) 鉛散弾による水鳥の中毒を防ぐため、鉛散弾の使用を禁止する区域。(水辺域) 123

 ※(  )内数値は、国設分。

狩猟鳥獣
鳥類(29種) カワウ、ゴイサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモ、エゾライチョウ、ウズラ、ヤマドリ、キジ、コジュケイ、バン、ヤマシギ、タシギ、キジバト、ヒヨドリ、ニュウナイスズメ、スズメ、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトカラス
狩猟鳥獣
獣類(20種) タヌキ、キツネ、ノイヌ、ノネコ、テン、オスイタチ、チョウセンイタチ、ミンク、アナグマ、アライグマ、ヒグマ、ツキノワグマ、ハクビシン、イノシシ、ニホンジカ、タイワンリス、シマリス、ヌートリア、ノウサギ、ユキウサギ

※ウズラは平成24年9月14日まで全国一円捕獲禁止
 キジ、ヤマドリのメスは、放鳥獣猟区以外では平成24年9月14日まで全国捕獲禁止

本県の狩猟期間

11月15日~翌年2月15日

  • カモ(11種類)は、11月1日~翌年1月31日
  • キジ、ヤマドリは、11月15日~翌年1月15日