お知らせ

「外国人患者を受け入れる拠点的な医療機関」の選出について

1「外国人患者を受け入れる拠点的な医療機関」の概要
(1)目的
  厚生労働省では、訪日外国人旅行者及び在留外国人が増加する中、外国人患者が安心して医療機関を受診できる体制の整備を進めることとしており、患者や医療機関等の利便性及び行政サービスの向上のため、外国人患者を受け入れる医療機関の情報を取りまとめ、公開することとしています。
  こうした状況から、このたび各都道府県に対して「外国人患者を受け入れる拠点的な医療機関」の選出依頼があったものです。
(2)選出方法
  県では、国が示す「外国人患者を受け入れる拠点的な医療機関」の要件を満たし、かつ、厚生労働省及び観光庁が公開する医療機関リストへの掲載を希望する県内医療機関からの申請を受け、医療機関リストに取りまとめた上で、厚生労働省に報告します。
(3)選出された医療機関情報の取扱い
  厚生労働省に提出する医療機関リストについては、厚生労働省と観光庁(日本政府観光局(JNTO))等のウェブサイトに本年10月以降に掲載される予定です。
  今後は医療機関リストの情報は民間事業者等にも提供される予定となっており、例えば民間事業者のウェブサイト等において、医療機関リストの情報を活用することも厚生労働省では想定しております。
  また、県でも医療機関リストを活用し、観光・宿泊施設等への情報提供を行っていく予定です。

2「外国人患者を受け入れる拠点的な医療機関」の選出要件
(1)外国人患者で入院を要する救急患者に対応可能な医療機関
  ① 県の医療計画における二次以上の救急医療機関であること。
  ② 多言語での対応が可能であること(※)。
(2)外国人患者を受入れ可能な医療機関
  ① 診療所・歯科診療所を含む医療機関であること。
  ② 多言語での対応が可能であること(※)。
  ※言語の種類は医療機関の実情に合わせて設定し、医療通訳者・電話通訳・音声翻訳等の形式は問いません。
  ※対応可能な言語(例)
   英語、広東語、北京語、台湾語、ハングル、タイ語、タガログ語、ミャンマー語、ベトナム語、ベンガル語、フランス語、
   ポルトガル語、ドイツ語、ロシア語、イタリア語、スペイン語、その他

3 ウェブサイト公開項目
  以下の項目が公開される情報となります。
(1)医療機関
     開設者の種別、開設者名、医療機関名
(2)所在地
     郵便番号、住所、二次医療圏名
(3)電話番号
     外国語対応が可能な窓口の電話番号
(4)受付時間
(5)都道府県の定める救急医療体制の種別
     初期救急、第二次救急、第三次救急の別
(6)都道府県による「外国人患者を受け入れる拠点的な医療機関」選定の別
   ※「外国人患者で入院を要する救急患者に対応可能な医療機関」、「外国人患者を受入れ可能な医療機関」の別
(7)民間団体による医療機関の認証の有無
   ※外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)、ジャパンインターナショナルホスピタルズ(JIH)
(8)ウェブサイトのURL
   日本語ウェブサイト、外国語ウェブサイト
(9)診療科目と外国語対応
   ※医療通訳(通訳者による対応や電話通訳等の対応は問わない)、機械通訳・自動翻訳ツール等による対応
(10)診療科目と対応言語
(11)利用可能なクレジットカード、キャッシュレスサービスの種類
   ※VISA、MASTER、AMEX、Diners Club、JCB、中国銀聯
    アリペイ、Wechat Payなど
 ◎ 特に、(3)、(9)、(10)への対応が必要です。

4 提出書類・方法
  申請書(様式1)   申請書docx.[10KB]
  概要書(様式2)   概要書xlsx.[47KB]     概要書(記載要領)pdf.[69KB]
  ※申請書及び概要書を御提出ください。
  (申請書及び概要書については、出来れば電子データをメールで御送付ください)

5 提出期限
  8月30日(金)

6 提出先
  〒010-8570 秋田県山王4-1-1
   秋田県健康福祉部 医務薬事課 調整・医療計画班
   メールアドレス:Imuyakujika@pref.akita.lg.jp

7 留意事項
  医療機関リストに掲載される医療機関では、外国人患者が一定数増加することも予想されますので、予め御了承ください。
  また、医療機関リストに掲載されていない医療機関におかれましては、外国人患者の診療が減免されるということではございませんので、御留意ください。