「4時からライト&ピカッと反射材運動」の実施について

2021年10月27日 | コンテンツ番号 53658

10月1日から11月30日までの2か月間、「4時からライト&ピカッと反射材運動」を以下のとおり実施します。

1 運動の目的

夕暮れ時における自動車と自転車の早めのライト点灯及び歩行者、自転車利用者の反射材用品の利用を促進し、夕暮れ時と夜間の交通事故防止を徹底する。

2 運動の期間

令和3年10月1日(金)から11月30日(火)までの2か月間

3 運動の重点

(1)「午後4時」を目安としたライト点灯の推進

  • 自動車及び自転車の午後4時を目安とするライト点灯の励行
  • 先行車や対向車がいない場合におけるハイビームの活用の徹底
  • 夕暮れ時や夜間における街頭での交通安全指導、保護・誘導活動の推進

(2)夕暮れ時、夜間外出時の反射材用品等の利用の促進

  • 歩行者及び自転車利用者の反射材用品等の利用と明るい目立つ色の服装の着用の促進
  • 反射材等の着用効果と必要性に関する理解の促進

 

<ドライバーのみなさん>早めにライトをつけましょう!

  • 午後4時を目安とした早めのライト点灯を心がけましょう。
  • 先行車や対向車がいないときは、ライトを上向きにしましょう。上向きライトであれば約100メートル先の危険を発見できます。

<歩行者のみなさん>反射材をつけましょう!

  • 早朝、夕暮れ時や夜間は、明るく見えやすい色の服装と反射材着用で、自分の存在をアピールしましょう!
  • 特に高齢者の方は次のような事故に注意しましょう。
    1. 日没前後の夕暮れ時の事故
    2. 自宅近くの身近な場所での事故
    3. 左から来た車と衝突する事故
    4. 横断歩道以外を横断中の事故
  • 慣れた道こそ注意!無理せず、油断せず、交通ルールを守って、安全な歩行を心がけましょう!

令和3年度高齢者交通安全チラシ(表)令和3年度高齢者交通安全チラシ(裏) 

秋田県では高齢者交通事故防止県民運動に取り組んでいます!

身体機能の変化を認識し、ゆとりをもった安全な行動を!
  • 高齢歩行者
    • 近づいてくる車との距離やスピード感がつかみにくくなります。夕暮れ時や夜間は特に注意!
    • 車側が安全確認してくれると思い込み、確認を怠りがちになります。
    • 脚力が弱くなると、歩幅が狭くなり、歩く速度が遅くなります。感覚と動作にずれが出ます。
  • 高齢運転者
    • 視野が狭くなって、動きながらものを見る力が弱まり、信号や標識を見落とすことがあります。
    • 複数の情報を素早く処理することが難しくなり、焦ったり、安全確認がおろそかになったりします。
    • 反射神経の低下により、ブレーキやハンドル操作などに遅れが出ます。アクセルとブレーキの踏み間違いに注意しましょう。
秋田の道路は歩行者ファースト!

車を運転する県民のみなさんへ

  • 高齢になると誰でも、歩行速度が遅くなったり、走行車両の速度や距離を見誤りやすくなったりします。
  • 高齢者の特性を理解して、高齢の歩行者を見かけたら、減速や一時停止をして、思いやりのある運転をお願いします。
  • 高齢運転者標識を付けた車に対して、周囲の車は保護する義務があります。無理な割り込みや幅寄せなどはせず、運転マナーを守りましょう。
運転免許証の自主返納を考えてみませんか

<運転免許証の自主返納制度>

身体機能の低下や病気などにより、運転に不安を感じるようになった方などが、運転免許証を自主的に返納することができる制度です。

<運転免許証返納の手続き>

  • 申請窓口
    運転免許センター、各警察署、交番・駐在所
  • その他
    警察署から職員による訪問ができる場合もあります。(電話等による事前相談が必要)
    代理人による申請が可能です。

<「運転経歴証明書」とは>

運転免許証を自主返納した方、更新を受けずに免許が失効した方は、その後5年以内に限り「運転経歴証明書」の交付を申請することができます。

◎申請窓口および手数料
窓口:運転免許センター、各警察署、交番・駐在所
手数料:1,100円
※65歳以上の方は、証明書の提示により、県内のタクシー料金やバス回数券の割引等のほか、協賛店のサービスが受けられます。

申請窓口によって、受付時間、申請方法等が異なりますので、詳しくは、運転免許センター(TEL:018-824-3738)または最寄りの警察署にお問い合わせください。

 

<運転に不安を感じたら、まずは電話で相談しましょう>
安全運転相談ダイヤル #8080

  • 秋田県警察の安全運転相談窓口につながります。
  • 受付時間は、平日の8時30分から17時15分です。
  • 通話料は利用者負担となります。
  • ご家族からのご相談も可能です。

ダウンロード

10月1日から11月30日までの2か月間、「4時からライト&ピカッと反射材運動」を
以下のとおり実施します。

1 運動の目的

  夕暮れ時における自動車と自転車の早めのライト点灯及び歩行者、自転車利用者の反射材
 用品の利用を促進し、夕暮れ時と夜間の交通事故防止を徹底する。


2 運動の期間

  平成29年10月1日から11月30日までの2か月間

3 運動の重点

(1)「午後4時」を目安としたライト点灯の推進
  ア 自動車及び自転車の午後4時を目安とするライト点灯の励行
  イ 走行車や対向車がいない場合におけるハイビームの活用の徹底
  ウ 夕暮れ時や夜間における街頭での交通安全指導、保護・誘導活動の推進

(2)薄暮時間帯、夜間外出時の反射材用品等の利用の促進
  ア 歩行者及び自転車利用者の反射材用品等の利用と明るい服装の着用の促進
  イ 反射材等の着用効果と必要性に関する理解の促進