第68回”社会を明るくする運動”について

2018年07月02日 | コンテンツ番号 35436

社会を明るくする運動とは

 社会を明るくする運動~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための、全国的な運動です。 
 本県でも、“社会を明るくする運動”秋田県推進委員会を組織し、安全・安心な明るい社会づくりのために、本運動を推進することとしております。

   

第68回”社会を明るくする運動”秋田県推進委員会

 ”社会を明るくする運動”秋田県推進委員会
  推進委員長:秋田県知事 佐竹 敬久

  主な構成機関・団体:法務省、警察、保護司会連合会、民間企業・団体等

  推進委員会事務局:秋田保護観察所

主な活動内容

 7月は社会を明るくする運動の強調月間・再犯の防止等の推進に関する法律による再犯防止啓発月間です。期間中は、県内各地で、各地区の推進委員会や保護司会などが広報啓発活動を展開します。この他、作文コンテストや民間協力者への顕彰などの行事も実施しています。

第51回更生保護大会を開催しました(2018.11.8)
 本県の更生保護事業の一層の充実発展を図るため、秋田県の更生保護事業に功績のあった方々に顕彰が行われました。
 式典では、功績のあった保護司や民間協力者の方々に対して、法務大臣や全国保護司連盟理事長などから表彰状や感謝状が授与されたほか、功績のあった保護司に対して、秋田県知事感謝状を、本県の"社会を明るくする運動"に貢献した県立金足農業高校に対して、秋田県推進委員会委員長感謝状をそれぞれ贈呈しました。(秋田県知事及び推進委員長代理:佐々木健康福祉部次長)

知事感謝状贈呈
県知事感謝状贈呈

社会を明るくする運動推進委員長感謝状贈呈
秋田県推進委員会委員長感謝状贈呈


JR秋田駅駅頭広報活動を実施しました(2018.7.2)
 秋田県推進委員会委員長(委員長代理:堀井副知事)に対して、「内閣総理大臣メッセージ」が伝達されたほか、運動の趣旨を広く理解してもらうため、JR秋田駅駅頭において、啓発グッズ配布などの広報・啓発活動を実施しました。 

秋田県推進委員会委員長(委員長代理:堀井副知事)あいさつ

啓発グッズ配布1

啓発グッズ配布2

 

問い合わせ先

●活動等に関する問い合わせ先
社会を明るくする運動秋田県推進委員会事務局
〒010-0951 秋田市山王7丁目1-2
秋田保護観察所(外部リンク)