社会的要因等による少子化調査・分析事業について

2019年05月23日 | コンテンツ番号 42398

 合計特殊出生率や出生数など少子化に関連する指標が低位で推移していることから、少子化対策や子育て支援の取組の効果検証等を行うとともに、少子化に影響を与える様々な要因を詳細に分析するため、次の調査を実施しました。

  1. 少子化・子育て施策等に関する調査
    結婚や子育てに関する意識や、これまでの少子化対策・子育て支援事業の効果について、調査・分析を実施しました。
    (調査実施:次世代・女性活躍支援課)

  2. 少子化要因調査・分析事業
    県内市町村の合計特殊出生率の格差について、統計数値等から読み取れる定量的な社会・経済要因を調査・分析するとともに、いくつかの市町村をピックアップして社会学的・定性的な要因についてもフィールドワーク調査を実施しました。
    (調査実施:あきた未来戦略課)

ダウンロード