子育てファミリー支援事業について

2018年04月02日 | コンテンツ番号 33025

 秋田県では、平成30年度から在宅子育て世帯を含めた就学前の子を養育する世帯の経済的な負担を軽減するとともに、様々な子育て支援サービスを利用しやすい体制を整えることにより、安心して子どもを生み育てられる環境づくりを進めるため、一時預かり等の利用料への助成を実施します。

実施主体

市町村

助成対象者

秋田県内に居住地を有し、平成30年4月2日以降に第3子以降の子が生まれ、かつ、その子を含む3人以上の子を養育している世帯

助成内容

1世帯あたり15,000円(年上限額)

対象サービス

お住まいの市町村で実施している一時預かり、病児保育、ショートステイ、トワイライトステイ、ファミリー・サポート・センターなど

※助成の対象となるサービスや詳しい手続きについては、お住まいの市町村ごとに異なりますので、市町村窓口におたずねの上ご利用ください。