令和元年度 企業等手話学習補助事業の実施企業等の募集について

2019年10月03日 | コンテンツ番号 34992

【令和元年11月15日(金)まで募集します。】

 「企業等手話学習補助事業」では、手話の学習会を実施する県内の企業や団体等に、無料でろう者や手話通訳者を講師として派遣し、手話の学習を支援します。
 手話を用いた簡単な挨拶や自己紹介程度の習得を目指す、初心者向けの内容となっています。

1 対象

県内の企業・団体等(公的機関を除く)

2 経費

無料
(講師の派遣に係る費用と教材費以外は、主催者側の負担とする。)

3 実施期間及び時間

令和元年8月~令和2年3月の間、1企業・団体等当たり3回まで利用可能。
時間は1回当たり2時間程度とする。

4 申込期間

令和元年11月15日(金) 17時
(ただし、申込企業数が上限に達した場合は、先着順で締め切らせていただきます。 )

5 その他

 お申込みいただいた内容について、県で調整の上、実施の可否を県から連絡いたします。

※事業の詳細や申込用紙等については、ダウンロードファイルをご確認ください。
 その他、ご不明な点に関してはお問い合わせください。

ダウンロード

【参考】手話教室の活用状況

令和元年9月、「社会福祉法人 長いスプーン」様において、当事業を活用していただきました。

手話教室の様子1 [99KB] 手話教室の様子2 [87KB]

手話通訳員が講師となり、基本的なあいさつ・自己紹介や、こちらの事業所でよく使われる表現(工房、作業、ルール、気を付ける、など)の手話を学んでいただきました。