平成29年12月1日から『ヘルプマーク』『ヘルプカード』の配布を開始します!

2017年12月04日 | コンテンツ番号 30131

 県では、「障害の有無にかかわらず、相互に人格と個性を尊重し合いながら、共生する社会の実現と、障害のある方などが社会参加しやすい環境づくり」を目指して、さまざまな取組を進めています。
 そのような中、外見では障害などがあると分からなくても援助や配慮を必要とされる方が、周囲の方の援助を得やすくなり、みんなで助け合う社会の実現を目指して、ヘルプマーク、ヘルプカードの普及に取り組むこととしました。


  ヘルプマークを身につけている方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかけるなど、
 「思いやりのある行動」をお願いします。

  ヘルプカードの提示がありましたら、書かれている内容にそって、支援をお願いします。


 ※ヘルプマーク・ヘルプカードは、社会生活などにおいて、配慮や支援が必要であることを周囲に知らせるためなどに使用
  するものです。
  ヘルプマーク・ヘルプカードの
提示によって交通料金や施設利用料割引などのサービスを受けることはできません。
  
ご理解のうえ、ご使用くださるようお願いします。 

1.ヘルプマークとは?  

【ヘルプマーク】
【ヘルプマーク】

 義足や人工関節を使用している方、心臓疾患などの内部障害や難病の方、または、発達障害の方
など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方がいます。
 そうした方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなる
よう、作成したマークです。

 

 


〇ヘルプマークを身につけた方を見かけたら

 ・電車・バスの中で、席をお譲りください。

 ・駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。
 ・災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。

2.ヘルプカードとは?

 [315KB]
【表面】

【裏面】

知ってください「ヘルプカード」

「ヘルプカード」は、障害のある方が困ったときに支援を
求めるためのものです。
「支援が必要な人」と「支援できる人」を結ぶカードです。
障害のある方などから、「ヘルプカード」の提示がありま
したら、記載されている内容にそって支援をお願いします。

ヘルプカードには、個人情報が記載されていますので、
取扱いには十分注意してください。


*ヘルプカードは、こちらからダウンロードして作成する
 こともできますので、ご活用ください。

 ・ヘルプカード(様式) [1422KB]

 ・ヘルプカード(作成方法) [2346KB]

 ・ヘルプカード(記入例) [1508KB]

3.配布の概要

 (1)配布時期
    平成29年12月1日(金)~


 (2)配布場所
    1.お住まいの市町村(配布先一覧はこちらから↓)
      ヘルプマーク・ヘルプカード配布先一覧 [139KB]


    2.県地域振興局福祉環境部(大館福祉環境部、鷹巣阿仁福祉環境部、山本福祉環境部、秋田福祉環境部、
                  由利福祉環境部、仙北福祉環境部、平鹿福祉環境部、雄勝福祉環境部)
    3.県福祉相談センター、県精神保健福祉センター
    4.県障害福祉課

 (3)配布対象
    社会生活などにおいて、配慮や援助を必要としている方
    (障害の有無、障害者手帳の有無は問いません。)

    ※ 数に限りがありますので、お一人様、ヘルプマーク1個、ヘルプカード1枚とさせていただきます。
      (必要に応じて、ヘルプマークのみ、ヘルプカードのみ配布することもできます。
       なお、配布場所によっては配布をお待ちいただくことがあります。)
    ※ 無料で配布いたします。
    ※ 郵送での対応はしておりません。
    ※ ヘルプマークに関する寄付活動等には一切関与しておりません。
    ※ ヘルプマーク・ヘルプカードの趣旨に沿った、適切な使用をお願いします。

4.ヘルプマーク・ヘルプカードの普及啓発について

 県では、ポスターの掲示やチラシの配布等により、普及啓発に取り組みます。

    ・ヘルプマーク(ポスター) [742KB]

    ・ヘルプマーク(チラシ) [1807KB]