犬ねこの譲渡について

2015年12月11日 | コンテンツ番号 54

  • 動物の愛護及び管理に関する法律の基本原則に基づき、動物管理センターに収容された動物に、可能な限り生存する機会を与えるとともに、譲渡を実施することで新たな飼い主や県民に対し、適正飼養、終生飼養、繁殖制限の必要性を啓発することを目的として、次により犬猫の譲渡を行っています。
  • 譲渡の方法は次のとおりです。
  • 詳細につきましては、動物管理センターまでお問い合わせください。
犬ねこの譲渡について
実施期間 年度中随時実施
実施機関 秋田県動物管理センター
受付方法 事業の主旨を理解し、賛同していただいた方に、譲渡申込書を提出していただき、申込順に受け付けます。

譲渡動物

子犬、成犬、子猫、成猫
※体調チェックなど、譲渡適正についてセンターでの確認を受けたもの。

譲渡方法

犬の場合、譲渡を受ける前にセンターで「譲渡前講習会」を受講していただきます。子犬が譲渡できる状態になったときに、譲渡前講習会を受講済みの方から順次、センターから連絡を差し上げます。連絡後、センターで実際に譲渡候補犬を見てもらい、飼養するかどうか決めていただきます。
譲渡対象者

秋田県民の方で、事業の主旨に賛同し、終生飼養の可能な方。譲渡された動物について、避妊・去勢を実施できる方。センターの講習会を受講済みの方。

譲渡者へのお願い

譲渡前に、飼い方等の講習を1時間程度受けていただきます。
譲渡の際には、他人に迷惑をかけないよう終生責任を持って飼っていただく旨の誓約書を提出していただきます。