東北自然歩道の紹介(コース36~42)

2018年09月18日 | コンテンツ番号 33590

【始めに】
〇 「東北自然歩道」は、コースとコースの間を公共の交通機関で結ぶことができるように、コースの起点と終点にはバス停を配置していますが、歩道を整備した当時と現在を比べると、バス路線の廃止や運行本数の減少が進み、東北自然歩道を利用するにあたり、公共の交通機関を活用するのが現実的ではなくなっています。
 このため、紹介するコースは、マイカーやタクシーを活用することを想定しています。
〇 秋田県内には49のコースがあり、総延長距離は514.1㎞となりますが、歩道の荒廃が進んでいることなどから、設定された起点から終点までを完歩するのが難しくなっています。
 このため、コースの一部区間をおすすめ区間として紹介します。
〇 東北自然歩道は、その名のとおり「歩道」ですが、コースの標高差、路面状況及び沿線一帯の開発状況などから、「歩くこと(ウォーキング)」に限らず、「走ること(ランニング)」や「登ること(登山)」といった、様々な使い方が考えられます。
 利用者の体力や装備、利用時の天候などを考慮して、無理のないコースを選択してください。

〇コースの使い方  登山
〇コース設備    飯岡山公衆トイレ
〇コメント
 突然ですが、「山」と「丘」の違いが分かりますか?
 正解は、あなたがそれを山だと思えば山であり、丘だと思えば丘なのです。
 「山」のはっきりした定義はないのです。

 当該コースにそびえる小高い丘の「飯岡山」は、標高39m。
 その標高は、秋田県内トップクラスの低さです。
 公衆トイレのある登り口を出発し、木段を93段登ればそこは頂上。
 約2分で登頂することができます。
 頂上には、天保九年に設置されたという古い石碑があります。
 石碑には、「山神」と彫られていますので、私は飯岡山は「山」だと考えます。

 [182KB]

〇コースの使い方  ウォーキング
〇おすすめ区間   妻恋駐車場~妻恋峠~寒風山回転展望台~
          板場の台~鬼の隠れ里~新玉ノ池~西寒風開拓地
          ~妻恋小展望台
〇距離       9.0㎞
〇所要時間     3時間30分
〇コース設備    公衆トイレ(妻恋・寒風山山頂)
          駐車場(妻恋・寒風山山頂)
          休憩所(妻恋小展望台)
〇コメント
 男鹿半島のほぼ中央部に位置する寒風山は、標高355mの草原が一面に広がるなだらかな山で、大噴火口と小噴火口の二つの火口跡があります。
 この火口跡をぐるりと廻れば、さまざまな見所スポットを巡ることができます。
【回転展望台】
 [109KB]
(寒風山山頂にあり、360度の眺望が楽しめる。)

【板場の台】
 [109KB]
(小噴火口から流れ出た溶岩がつくり出した独特の地形。)

【鬼の隠れ里】
 [223KB]
(大噴火口の南面にあるミニピラミッドのような巨石の塊。)

【新玉ノ池】
 [261KB]
(菅江真澄も寒風山に登り、玉ノ池に立ち寄った。)

【小展望台】
 [139KB]
(小展望台付近では、パラグライダーの体験ができる。)

 

〇コースの使い方  登山
〇おすすめ区間   長楽寺~五社堂~毛無山~本山~真山~真山神社
〇距離       11.0㎞
〇所要時間     4時間30分
〇コース設備    公衆トイレ(長楽寺・毛無山・真山神社)
          駐車場(長楽寺・真山神社)
〇コメント
 本山、真山、毛無山は「男鹿三山」と呼ばれ、「お山かけ」の縦走コースとなっている。真山神社は「なまはげ」ゆかりの里であり、五社堂にある石段は、鬼が一夜にして999段を築いた伝説がある。菅江真澄の道でもある。
⑦見所スポット
【五社堂】
 999段の石段は鬼たちが積み上げたもので、五社堂はこの鬼たちをまつったものといわれ、これが「なまはげ」の起こりともいわれている。中央堂内厨子は国指定重要文化財になっている。
  [295KB]
  
【真山神社】
 創建は日本武尊の伝説までにさかのぼる。木造薬師如来像は県指定重要文化財になっている。2月13日から15日まで「なまはげ柴灯祭り」が行われる。
 [231KB]

ダウンロード