10月は「個別労働紛争処理制度」周知月間です

2019年09月11日 | コンテンツ番号 15710

 都道府県労働委員会と中央労働委員会では、10月を「個別労働紛争処理制度」周知月間とし、個別労働関係紛争のあっせんを一層利用していただけるよう、集中的に制度のPR活動を行います。

秋田県労働委員会では、この周知月間に次のような活動を行います

1 街頭宣伝

  日 時: 令和元年10月3日(木) 午前7時30分~午前8時30分

  場 所: JR秋田駅 ぽぽろーど

  内 容: 労働委員会委員がチラシ、ポケットティッシュを配布し、制度をPRします。 

       【過去の活動の様子】黄色のベストを着用し、のぼりを設置して活動します。

       【過去の活動の様子】黄色のベストを着用し、のぼりを設置して活動します。

 2 東北地区労使関係セミナー(協賛)

  日 時: 令和元年10月1日(火) 午後1時30分~午後4時30分

  場 所: アピオあおもり イベントホール(青森市中央3丁目17-1)

  主 催: 中央労働委員会

  内 容:

   ◎基調講演 「働き方改革 ~長時間労働規制・地域限定社員等の解説~」

      講師 皆川 宏之 氏(中央労働委員会東日本区域地方調整委員会議公益委員・千葉大学大学院社会科学研究院教授)

   ◎ パネルディスカッション  「公益・労働者・使用者委員による紛争解決事例の検討」

     (コーディネーター)皆川 宏之 氏(上掲) 

     (  コメンテーター )大矢 奈美 氏(青森県労働委員会公益委員・青森公立大学経営経済学部准教授)

               山内 裕幸 氏(青森県労働委員会労働者委員・全日通労働組合青森支部特別執行委員)

               内村 隆志 氏(青森県労働委員会労働者委員・日本労働組合総連合会青森県連合会会長)

               寺下 一之 氏(青森県労働委員会使用者委員・寺下建設株式会社代表取締役社長)

               藤本 和夫 氏(青森県労働委員会使用者委員・協同組合青森総合卸センター専務理事)

    ※ 詳しくは「労使関係セミナーの御案内」東北地区労使関係セミナーリーフレット [307KB] をご覧ください。

 3 新聞広報10月号(県からのお知らせ)によるPR

   掲載紙:秋田魁新報(テレビ面下段に掲載)

   掲載日:令和元年10月26日(土)

   ※テレビ面下段の「県からのお知らせ」欄において制度をPRします。

    

 

 個別労働関係紛争のあっせんに関するお問い合わせ、ご利用のご相談は、下記お問い合わせ先までどうぞ。

参考

中央労働委員会の報道発表(周知月間中の全国の労働委員会の取組予定などがご覧になれます。)

ダウンロード

3 県広報紙「あきたびじょん」による広報
3 県広報紙「あきたびじょん」による広報

 11月号「情報のひろば」のお知らせ欄に掲載します。