造林補助事業の紹介 ~あなたの大切な森林を守り育てるために~

2016年09月30日 | コンテンツ番号 3935

 森林は、地球温暖化の防止、水源のかん養、土砂災害の防止や木材の生産など、私たちの暮らしに欠かすことのできない大切な働きを持っています。
 本県では、森林の健全な状態を保つために必要な植栽、下刈り及び間伐等の作業にかかる経費の一部を支援する制度があります。

◇ 主な整備内容

  • 植 栽:伐採跡地などに、苗木を植えつける作業です。
  • 下刈り:植栽木周辺の雑草木を刈り払う作業です。
  • 間 伐:混み合った林に光を当てるため、成長の悪い植栽木等を間引き、森林の環境を改善する作業です。

◇ 標準単価

  • 標準単価は、作業内容、面積、樹種、本数、搬出材積等により区分されています

  1ha(森林作業道は1m)当たりの標準単価は添付ファイルのとおりです。

 

  • 補助金額の計算は、標準単価に、次に該当する項目を加算して算出します。

  補助金額=標準単価×(1+間接費率)×事業量×査定係数/100×補助率

 

  • 補助申請の面積は、1施行地0.1ha以上の面積が必要です。

  ただし、間伐及び更新伐については、5ha以上の面積にまとめて申請する必要があります。

◇ 造林補助事業に関する相談について

  • 事業内容や補助金額については、森林の面積や林齢、事業計画のほか、各種条件により違いがありますので、最寄りの県地域振興局または森林組合等にお尋ね願います。