がんと診断された方への就労支援

2021年09月21日 | コンテンツ番号 60282

 がんと診断された方のうち、およそ3人に1人が20歳~64歳の現役世代です。さらに、治療方法が進歩したことで通院しながらがん治療を受ける方が増えており、治療中も働き続ける方が増加しています。一方で、がんと診断されたことで治療と仕事のバランスに悩み、退職した方が良いのではないかと考える方も多くいらっしゃいます。
 仕事に関する不安や治療に合わせた就労計画など、がん治療と就労の両立に関する相談に対応している窓口をご紹介します。

がん相談支援センター

 秋田県内に12箇所あるがん診療連携拠点病院等では、がん相談支援センターを設置しています。がん専門相談員として研修を受けた看護師や医療ソーシャルワーカーなどの職員が、治療や仕事に関するご相談に対応しています。
 下記のリンクをクリックすると、がん相談支援センターに関するページに移動します。

  • リンク

  がんに関する相談窓口(がん相談支援センター)

ハローワークが実施している長期療養者就職支援事業について

 ハローワーク(公共職業安定所)では、がん等の疾病により余儀なく離職された方または転職をされている方を支援しています。
 下記のリンクをクリックすると、秋田県内のハローワーク一覧を掲載している厚生労働省秋田労働局のウェブサイトに移動します。

  • リンク

  厚生労働省秋田労働局ウェブサイト 秋田県内のハローワーク

事業主の方へ

 多くの従業員は、がん治療を受けながら仕事を続けたいと考えています。一方で事業所にとっても、熟練した技術やノウハウを持つ社員ががんにより離職することは、経営に大きな痛手を与える問題です。
 がんと診断された従業員の離職を防ぐため、事業所の対応として必要な情報を取りまとめているウェブサイトや、事業所向けの相談窓口をご紹介します。

がん情報サービス がんと仕事

 国立がん研究センターでは、従業員ががんと診断されてから復職までの経過、復職後の働き方についてがん情報サービスで情報提供しています。また、がんと診断された従業員への対応や就業規則の見直しなど、事業主向けの情報を掲載しています。
 下記のリンクをクリックすると、がん情報サービスウェブサイトに移動します。

  • リンク

  国立がん研究センター がん情報サービスウェブサイト

治療と仕事の両立支援ナビ

 厚生労働省では、両立支援についての事業所向けガイドラインを公開しているほか、全国の事業所で行っている取組事例の紹介、事業所向けシンポジウム・セミナーの開催報告を掲載しています。
 下記のリンクをクリックすると、治療と仕事の両立支援ナビウェブサイトに移動します。

  • リンク

  厚生労働省 治療と仕事の支援ナビウェブサイト

秋田産業保健総合支援センター

 秋田産業保健総合支援センターでは、両立支援促進員が事業所からの相談に対して無料で応じています。両立支援制度の導入支援や、がんと診断された従業員と事業所との調整など、事業所を個別訪問しての支援も行っています。困り事があれば、まずはご相談ください。

 秋田産業保健総合支援センター
 郵便番号:010-0874
 所在地:秋田市千秋久保田町6-6 秋田県総合保健センター4階
 TEL:018-884-7771
 FAX:018-884-7781

 下記のリンクをクリックすると、秋田産業保健総合支援センターのウェブサイトに移動します。

  • リンク

  秋田産業保健総合支援センターウェブサイト