有毒植物の誤食に注意!

2020年05月01日 | コンテンツ番号 19443

 毎年、特に春先から初夏にかけて、有毒植物を食用の植物と誤って喫食したことによる食中毒が多く発生しています。本年も全国でスイセン、バイケイソウ等の有毒植物の誤食による食中毒が発生しており、令和2年4月20日現在、事件数5件、患者数13名が報告されています。

 県内では、トリカブトニリンソウ(フクベラ)の他、シドケ(モミジガサ)と誤って食べてしまう食中毒事例が多い傾向にあります。

 食用と確実に判断できない植物は、絶対に採らない、食べない、売らない、人にあげないようにしましょう。

 

トリカブトニリンソウシドケ

【 写真 】トリカブト(左)、ニリンソウ(中央)、シドケ(右)

 

参考

【 厚生労働省ホームページ 】

 ● 有毒植物による食中毒に注意しましょう

 ● 自然毒のリスクプロファイル