「秋田の森林づくり」森林整備による二酸化炭素吸収量認証制度について

2014年04月11日 | コンテンツ番号 1891

 森林の二酸化炭素吸収量を評価・認証する制度を定めることにより、企業や森林所有者等による森林整備を促進するとともに、県民の森づくり活動に対する関心を高めます。対象となるのは次のとおりです。

  • 活動対象 県が進めている「企業による水と緑の森づくり」制度による森林整備及び森林所有者自らが所有する森林又は他の森林で行う森林整備
  • 対象施業 植栽等の森林造成及び下刈り、除伐、間伐等の森林整備

当該制度の実施要綱及び各種様式は「ダウンロード」欄からご覧下さい。

なお、平成21年4月1日施行の「企業による水と緑のもりづくり」森林整備による二酸化炭素吸収量認証制度については本制度の施行にともない廃止となります。

問い合わせ

秋田県農林水産部 森林整備課 調整・担い手班

  • TEL 018-860-1741
    FAX 018-860-3899