秋田県行政不服審査会

2016年12月16日 | コンテンツ番号 10842

平成28年4月1日から施行されている改正された行政不服審査法では、審査請求に対する審査庁の判断の客観性・公正性を確保するため、審理員が行った審理手続の適正性や法令解釈を含めた判断の妥当性について、有識者からなる第三者機関に諮問し、答申を得る必要があります。

この第三者機関の概要は次のとおりです。

  • 名称 : 秋田県行政不服審査会
  • 定数 : 9人
  • 任期 : 3年

ダウンロード