「廃プラスチックリサイクルマッチングセミナー」を開催しました

2020年03月05日 | コンテンツ番号 47872

 廃プラスチックのリサイクルが喫緊の課題となる中で、廃プラスチックリサイクルの先進的取組や県内リサイクルラーの事業・取組を紹介し、製品製造事業者(排出者)等と県内リサイクルラーのマッチングを行うセミナーを、令和2年2月5日に開催しました。

1 実施内容
(1)講演
      演  題:「鎌倉市の廃棄物行政」
      講  師:鎌倉市環境部ごみ減量対策課  中村 秀一朗 氏
     
       ※鎌倉市:平成30年 6月、SDGs未来都市に選定
                     〃  10月、「かまくらプラごみゼロ宣言」
     
(2)廃プラスチックリサイクル事業の事例紹介
 ①秋田エコプラッシュ株式会社 専務取締役 小泉 剛 氏
   ②株式会社能代資源 代表取締役 佐藤 肇治 氏
  ③株式会社湯沢クリーンセンター 統括事業所長 門脇 貴行 氏

2 実施状況

 [130KB]

   81名の方々にご参加いただきました。

 講演では、鎌倉市と産業廃棄物事業者の連携による製品プラスチック回収事業について、紹介いただきました。

 また、県内の廃プラスチックリサイクラー3社より、自社の事業・取組を紹介いただくともに、県内リサイクラー7社による名刺交換会を実施し、マッチングを行いました。
 
 参加者の皆様からは、「廃プラスチックの資源化状況や企業の事例を紹介していただき、大変参考になりました。」、「こうしたセミナーはあまりないので有効であった。」、「事業者の方々の熱意を感じて、良かった。廃プラの現状を改めて勉強できて良かった。」、等の感想が寄せられました。