健康教育

学校保健について

 学校保健とは、学校において、児童生徒等の健康の保持増進を図ること、集団教育としての学校教育活動に必要な健康や安全への配慮を行うこと、自己や他者の健康の保持増進を図ることができるような能力を育成することなど学校における保健管理と保健教育であり、秋田県教育委員会では、これらの充実のために様々な施策を推進しています。

食育・学校給食について

 近年、偏った栄養摂取、朝食欠食などの食生活の乱れや肥満・痩身傾向など、子供たちの健康を取り巻く問題が深刻化しています。また、食を通じて地域等を理解することも重要です。

 こうした現状を踏まえ、平成17年に食育基本法が、平成18年に食育推進基本計画が策定され、秋田県においても、平成28年3月に「第3期秋田県食育推進計画」が策定されています。

 秋田県教育委員会においては、食育・学校給食の充実のため様々な施策を推進していますが、学校においても、子供たちが食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付けることができるよう、積極的に食育に取り組んでいくことが重要です。