就学前教育・保育施設への新型コロナウイルス抗原検査キットの配布について

2022年12月21日 | コンテンツ番号 67375

県では、就学前教育・保育施設における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、職員の感染状況を速やかに把握するとともに、濃厚接触者となった職員が自宅等での待機期間中に健康観察を行うことができるよう、就学前教育・保育施設に抗原検査キットを配布しています。

抗原検査キット使用後は、検査実施報告をお願いします。

就学前教育・保育施設において秋田県教育庁幼保推進課が配布した抗原検査キットを使用して抗原検査を行ったときは、5日以内にその結果を下記ウェブ回答フォームにより報告してください。

配布対象施設

保育所、幼稚園、認定こども園、地域型保育事業所、認可外保育施設、病児保育施設

配布数量

職員1人当たり3テスト分相当

配布時期

  • 【第2回】12月中旬から下旬までに各施設に配布
  • 【第1回】7月下旬から8月上旬までに各施設に配布

取扱方法等

下記の製品ウェブサイトの説明を参考に適切に取り扱ってください。

※ 配布時期により製品が異なります。

抗原検査キットの活用場面

  • 職員にのどの痛み、発熱、咳、倦怠感など、少しでも感染の疑いがある場合の検査
  • 職員が濃厚接触となった場合の待期期間短縮に資する検査
    (濃厚接触者の待機期間は、最終接触日を0日目として5日間(6目解除)が原則ですが、2日目及び3日目に抗原検査キットを用いた検査で陰性を確認した場合、3日目から待機解除が可能とされています。待期期間の解除については、施設長等の判断により行ってください。)

配布した抗原検査キットは施設職員用です。職員以外の方(児童、保護者、職員の家族等)の使用はご遠慮ください。

抗原検査実施報告

配布された抗原検査キットを使用して抗原検査を行ったときは、5日以内に検査結果を報告してください。

関連資料