事故の報告等について

2019年04月19日 | コンテンツ番号 41637

事故の報告等について

 特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業者は、事故の発生または再発を防止するための措置や、事故が発生した場合における市町村及び家庭等に対する連絡等の措置を講じなければなりません。
 また、その他の事業等についても同様の措置を講じることが求められています。

報告の対象となる施設と報告体系について

報告の対象となる重大事故の範囲

  • 死亡事故
  • 治療に要する期間が30日以上の負傷や疾病を伴う重篤な事故等(意識不明(人工呼吸器を付ける、ICUに入る等)の事故を含み、意識不明の事故については、その後の経過にかかわらず、事案が生じた時点で報告すること。)