あきた芸術劇場の愛称が決定しました!

2021年03月13日 | コンテンツ番号 55479

 あきた芸術劇場が広く県民・市民に親しまれ愛着を持ってもらえるよう、劇場にふさわしい愛称を募集しておりました。
 このたび愛称選定委員会にて採用候補を選定し、秋田県知事および秋田市長の協議により愛称が決定しました。

愛称

 ミルハス

愛称の由来

  • フランス語で『千』を意味するmille(ミル)と、千秋公園の蓮(ハス)を組み合わせたもの。
  • 「千」には、千秋公園の命名の由来にもなっている「長久」の意があり、公園内の胡月池で千古(大昔の意)の蓮である「大賀ハス」の保存に取り組まれていることも重ね合わせ、「永遠(過去~未来)」をイメージした。
  • この施設が県都の中核文化施設として、より永く、より多くの人々に愛され利用されることで文化創造力の向上や地域活性化への貢献等が図られるとともに、恒久的な地域の発展や文化の継承がなされることへの願いを込めた愛称とした。 

最優秀賞受賞者(愛称採用者)

 小野 順一郎さん(秋田県秋田市)

募集概要

 募集期間:令和2年8月11日(火曜日)~令和2年9月23日(水曜日)
 応募数:1,325件(県内905件、県外420件)
 募集要項はこちら [292KB]

選考過程

  • 一次審査
     愛称選定委員による書面審査により33案を選考
  • 二次審査
     愛称選定委員会を開催し、7案を最終候補として選考
  • 最終審査
     秋田県知事及び秋田市長の協議により決定

愛称選定委員会

 委員名簿(PDF) [35KB]

その他

 参加賞10名は抽選により決定しました。
 当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

【参考】あきた芸術劇場の概要

  • 秋田県民会館跡地に、秋田県と秋田市が連携して整備している新文化施設です。
  • 高い音響効果やステージ機能を持つ2,015席の大ホールと、質の高い舞台芸術の実演に適した806席の中ホールを備えており、それぞれのホールのリハーサル室を兼ねた2つの小ホールも設けます。その他、練習室や和室、創作室、研修室、レストラン等も設けます。
  • 令和4年6月5日(日曜日)にプレオープン(開館記念式典)、令和4年9月23日(金曜日・祝日)にグランドオープン(こけら落とし公演)の予定です。
  • プレオープン後は、施設の一部(練習室等)の一般利用を順次開始予定であり、ホールの一般利用はグランドオープン後となります。
  • 施設の詳細は、あきた芸術劇場開館準備事務所のホームページをご覧ください。
    ホームページはこちら(外部リンク)

    あきた芸術劇場の外観、ホワイエ、大ホール、中ホールの画像