実用化できる試験研究成果 令和元年度

2020年03月30日 | コンテンツ番号 48610

普及事項

1.GNSS自動操舵装置を活用した水稲無落水移植における移植精度や移植後の生育、収量は落水移植と同等である

2.極良食味米「秋系821」の炊飯米の食味と食味関連成分の特徴

3.極良食味米「秋系821」の極良食味栽培のためには出穂期後40日間の平均気温22℃を確保する必要がある

4.極良食味米「秋系821」の出穂期後40日間の平均気温22℃を確保できる地域をメッシュ図で表示する

5.秋田県版タマネギ春まき無マルチ栽培マニュアルの作成

6.マメ科緑肥「ヘアリーベッチ」を用いたキャベツの減肥栽培

 

 

参考事項

1.緩効性ペースト肥料による水稲の基肥全量施肥

2.水稲移植栽培における中干し終了後の水稲一発処理除草剤の流し込み散布

3.水稲高密度播種苗栽培におけるいもち病とイネミズゾウムシに対する薬剤の防除効果

4.「あきたこまち」における冠水による水稲減収尺度の策定  

5.穂ばらみ期および出穂期の冠水による減収は茎葉や穂が水面に露出する60cm以下の水深で軽減される

6.極良食味の水稲新品種候補「秋系821」の主要特性

7.秋田県におけるベノミル剤耐性アスパラガス茎枯病菌の発生

8.秋田県におけるアスパラガス褐斑病の発生

9.アップカット畝立マルチ播種機は全作期のエダマメ播種に兼用できる

10.有材補助暗渠施工機「カットソイラー」による転換畑の排水改良

 


内容については、農林水産部 農林政策課 研究推進班のページでご確認ください。

〇リンク先:実用化できる試験研究成果(令和元年度試験研究成果)