「サービス付き高齢者向け住宅」登録制度について

2014年11月26日 | コンテンツ番号 5538

「サービス付き高齢者向け住宅」とは、高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住できる賃貸等の住まいです。

サービス付き高齢者向け住宅登録制度

サービス付き高齢者向け住宅とは、高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住できる住宅です。
サービス付き高齢者向け住宅登録制度は、高齢者世帯の増加に対応し、高齢者単身・夫婦世帯が安心して生活することができる住まい・住環境の整備により、その居住の安定確保を図ることを目的として、バリアフリー構造を有し、介護・医療と連携して、高齢者を支援するサービスを提供するために、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」(第5条等)に基づき、高齢者円滑入居賃貸住宅制度にかわり、平成23年より開始された制度です。
登録することによって、高齢者の皆様は、バリアフリー構造で、介護・生活支援などのサービスを提供する、安心して居住できる住宅についての情報提供を受けられるようになり、また、供給する事業者の皆様も、所得税・法人税等の優遇が受けられる可能性があるなどのメリットがあります。

登録基準 
項目 基準
入居者資格
  1. 単身高齢者世帯
  2. 高齢者+同居者(配偶者/60歳以上の親族/要介護・要支援認定を受けている親族)

※高齢者…60歳以上の者または要介護・要支援認定を受けている者

規模 ・設備
  • 一戸当たりの床面積は原則25㎡以上。
    (居間、食堂、台所その他の住宅の部分が高齢者が共同して利用するため十分な面積を有する場合は18㎡以上。)
  • 各居住部分に台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備えたものであること。(ただし共用部分に共同して利用するため適切な台所、収納設備または浴室を備えた場合、各戸に台所、収納設備または浴室を備えずとも可)
  • 廊下幅の確保、段差のない床、手すりの設置などバリアフリー構造であること。
サービス
  • 状況把握サービス及び生活相談サービスを提供すること。
契約内容
  • 書面による契約であること。
  • 居住部分が明示された契約であること。
  • 権利金その他金銭を受領しない契約であること。(敷金、家賃・サービス費及び家賃・サービス費
    の前払金のみ徴収可。)
  • 入居者から入院したことまたは入居者の心身の状況が変化したことを理由として、入居者の同意
    を得ずに居住部分の変更や契約解除を行わないこと。
  • 工事完了前に、敷金及び家賃等の前払金を受領しないものであること。
その他
  • 国が定める基本方針に照らして適切なものであること。

登録の流れ、登録方法

登録申請書の作成は登録システムにて行います。登録システムで入力したものを印刷し、必要書類を添付のうえ、登録窓口に提出してください。
提出部数:正本1部、副本2部
※申請前に建築住宅課調整・住宅政策班と事前相談してくださるようお願いします。
※開設1ヶ月前までに申請書の提出をお願いします。

流れ及び登録申請方法はこちらをご覧ください。

登録の有効期間

登録の有効期間は5年です。引き続き事業を行う場合は、満了日前までに更新手続が必要です。

提出書類

新規登録および更新

①申請書(※サービス付き高齢者向け住宅登録システムで作成してください。)

②付近見取図

③敷地に対する住宅の配置図

④各階平面図(縮尺,方位,間取り,各室の用途および設備の概要を表示したもの)

⑤加齢対応構造(バリアフリー)等を表示した書類(図面およびチェックリスト等)
※チェックリストについて、電子データでの提出をあわせてお願いします。
※様式はダウンロードから(新築の場合、様式第1号①。既存建物改修の場合、様式第1号②。)

⑥入居契約に係る約款
※約款の作成にあたり、次の入居契約書を参照してください。
参考とすべき入居契約書】※このページ内にある”サービス付き高齢者向け住宅の参考とすべき入居契約書”を参考に作成してください。

⑦登録申請者が住宅等を自ら所有する場合は,その旨を証する書類(登記事項証明書など)

⑧住宅の管理または高齢者生活支援サービスの提供を委託により他の事業者に行わせる場合は,委託契約に関する書類

⑨法人の登記事項証明書および定款(登録申請者が法人の場合に限ります。)

⑩高齢者の居住の安定確保に関する法律第7条第1項第6号および第7号に掲げる基準に適合することを誓約する書面

法律第7条第1項第6号及び第7号
入居契約が上記登録基準に適合する契約であること。
※様式はダウンロードから(様式第2号)

⑪高齢者の居住の安定確保に関する法律第7条第1項第8号に掲げる基準に適合することを証する書類
(様式は任意。)
法律第7条第1項第8号
前払金を受領する場合、当該前払金に係る債務の銀行による保証等必要な保全措置を講じていること。

⑫登録を受けようとする者が,高齢者の居住の安定確保に関する法律第8条第1項各号に掲げる欠格要件に該当しない者であることを誓約する書面

法律第8条第1項各号(欠格要件)

  1. 成年被後見人又は被保佐人
  2. 破産手続き開始の決定を受けて復権を得ない者
  3. 禁固刑又はこの法律の罰則を受け、執行が終わった(執行を受けなくなった)日から起算し1年を経過しない者
  4. 法律第26条による登録の取消日から1年を経過しない者
  5. 暴力団員等
  6. 営業に関し成年者と同一の行為能力を有しない未成年者でその法定代理人が1号から5号に該当する者がいる者
  7. (法人)役員又は事務所の代表者で1号から5号に該当する者がいるもの
  8. (個人)事務所の代表者で1号から5号に該当する者
  9. 暴力団員等がその事業活動を支配する者

※様式はダウンロードから(様式第3号)

⑬建物賃貸借契約書(雛形)の写し

⑭サービス付き高齢者向け住宅の入居契約の登録基準適合性を判断できるチェックリスト
※様式はダウンロードから(参考様式)

⑮建築基準法第6条第1項または第6条の2第1項の確認済証の写し(新築又は用途変更した場合に限る)

⑯常駐職員に係る雇用契約書の写しなど、雇用関係及び勤務条件等が確認できる書類

⑰常駐職員の資格者証等の写し

⑱その他知事が必要と認める書類

登録内容の変更

  1. 変更届出書
  2. 変更があった登録事項に係る添付書類

地位の承継

  1. 地位承継届出書
    ※様式はダウンロードから(様式第11号)
  2. 地位を承継したことを証する書類
  3. 承継にあたり変更が生じる登録事項に係る添付書類

廃業等

  1. 廃業届出書
    ※様式はダウンロードから(様式第13号)
  2. 廃業等の根拠を示す書類

破産手続開始の決定

  1. 破産手続開始決定届出書
    ※様式はダウンロードから(様式第14号)
  2. 破産手続開始の決定を受けた旨を示す書類

登録の抹消

  1. 抹消申請書
    ※様式はダウンロードから(様式第15号)
  2. 抹消の理由に係る書類
住宅の場所 窓口 住所及び電話番号
登録・閲覧窓口 
秋田市以外の市町村

秋田県建設交通部建築住宅課(秋田県庁本庁舎6階)
※「秋田県サービス付き高齢者向け住宅登録簿閲覧規定」はダウンロードをご覧
ください。

  • 〒010-8570
  • 秋田市山王四丁目1-1
  • ℡018-860-2561(直通)
秋田市

秋田市役所都市整備部住宅整備課(秋田市役所3階)

  • 〒010-8560
  • 秋田市山王一丁目1-1
  • ℡018-866-2134(直通)

ダウンロード