就職氷河期世代活躍支援について

2020年08月12日 | コンテンツ番号 51799


 秋田県では、バブル崩壊後などの雇用環境が厳しい時期(概ね平成5年から平成16年)に学校卒業期を迎えた「就職氷河期世代」について、国が令和元年6月に策定した「就職氷河期世代支援プログラム」に則り、同世代への就業機会の確保や正規雇用化などの支援を関係機関の連携により実施します。

 概 要

 令和2年5月に国関係機関、経済・労働・福祉団体、秋田市及び県関係部局による「あきた就職氷河期世代活躍支援プラットフォーム」を設置し、市町村等とも連携して、各種の支援事業を実施します。

構成機関

秋田労働局(事務局)、東北経済産業局、県商工会議所連合会、県商工会連合会、県中小企業団体中央会、一般社団法人 秋田県経営者協会、日本労働組合総連合会秋田県連合会、社会福祉法人 秋田県社会福祉協議会、ハローワーク秋田、独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 秋田支部、秋田市、県雇用労働政策課 等

対象者

不安定な就労状態にある方
就業希望はあるが長期にわたり無業の状態にある方
社会参加に向けた支援を必要とする方

事業期間

令和2年度から4年度まで

その他

実施計画や支援スキームなどの詳細は、こちらをご参照ください。

https://jsite.mhlw.go.jp/akita-roudoukyoku/newpage_00370.html