秋田技術専門校 情報システム科 設備について

2020年07月17日 | コンテンツ番号 51286

情報システム科では、主に実技を行う実習場(プログラミング実習室)と学科の授業を行う教室の2カ所で、それぞれ1、2年生ごとにあります。

教室

 [161KB]

情報システム科 教室

教室フロアは扇型をしており、本校の外観から確認できる円筒形の一部分が1、2年生の教室となっています。

主に学科の授業と、朝と帰りのホームルームで使用します。また、昼食をとる場としても利用しています。

実習場

 [178KB]

実習場の後方スペース(PC実習)

パソコンを使用して実習する後方スペースと座学やグループワークを行える前方スペースの2区画になっています。
間仕切りなどがなく自由に行き来ができ、効率的に実習などを進められます。

 
 [155KB]

実習場の前方スペース(座学)

前方には学習用に1台で2座席となっている長机が11台(22座席)あります。後方には生徒用のパソコン実習席として同様に11台の机と22台のパソコンがあります。
実習課題の説明は前方で行い、その後、後方のパソコンで実習を行います。

また、行事やレクリエーションの内容をクラス全体やグループで検討するときは、前方で行います。 その時に不明な点は、すぐにパソコンを使って調べたり決まったことを文書にまとめたりすることもできます。

実習機器

 [132KB]

実習管理用PC

平成28年9月から導入し、来年(令和3年9月)には5年が経ち更新時期となるため、リニューアル予定となっております。 令和3年4月からの入校を検討されている方は、その年の9月から最新設備で実習を受けられる予定です。

詳細は、実習機器詳細のリンクをクリックしていただくとご覧になれます。