秋田技術専門校 情報システム科 実習機器詳細

2020年07月27日 | コンテンツ番号 51465

実習用パソコン

 [137KB]

実習用パソコン

各学年の定員20名に合わせて20台(実台数22台)を用意して一人ひとりがパソコン1台を占有して使えます。 これらのパソコンは省スペース型ビジネスデスクトップモデルで信頼性が高く、使いたいときにいつでも自由に使える環境を提供しています。

実習で使用するパソコンの性能やインストールされている主なソフトは次のとおりです。

パソコン性能

ビジネスデスクトップモデル一式(22台×2実習室 合計44台)の性能仕様。括弧内は要求仕様など。

  1. CPU:Intel Core i5(システム開発用)
  2. メモリ:8GB(統合開発環境・仮想マシン環境)
  3. 記憶容量:SSD 256GB(OS、ソフトの起動短縮・動作の高速化)
    • プログラムソースやドキュメント類は全てネットワーク上にあるファイルサーバーに保存しています。
  4. ディスプレイ:23型ワイド液晶(実習効率アップのため最低2つ以上のウインドウを表示可)

インストールソフト一覧

ソフト一覧

No ソフト名 主な用途
1 Eclipse(統合開発環境) プログラミング基本実習(Java言語)、プログラム設計(サーバーサイドプログラミング)などで使用。
2 Microsoft Office Professional plus Excel、Word、PowerPoint、Accessなどのオフィスソフトがセットとなっている。情報処理システム基本操作や課題レポート作成でExcel、Wordを使用。 ExcelについてはMicrosoft認定の資格であるMOSを受験。 システム設計(データベース設計・操作)でAccessを使用。各種資料作成、発表でPowerPointを使用。
3 NetBeans(統合開発環境) プログラミング基本実習(c言語)、業務分析(Java言語によるシステム構築)などで使用。
4 Microsoft Visual Studio Professional 様々なプログラム言語に対応したシステム開発の環境を提供しているソフト。プログラミング基本実習(Visual Basic)などで使用。
5 Anaconda AI(機械学習など)のデータサイエンス向けの環境を提供するソフト。プログラム設計(Pythonによる機械学習)などで使用。
6 Visual Studio Code プログラミング基本実習(HTMLによるホームページ作成)やプログラム設計(Pythonによる機械学習)などでソースコード入力やプログラムの実行環境で使用。
7 My SQL (データベース) システム設計(データベース設計、操作)やプログラム設計(サーバーサイドプログラミング)などで使用。
8 Adobe Photoshop Elements and Adobe Premiere Elements ビジュアル的な資料や動画作成で使用。
9 astah* professional システム設計で用いるソフトで業務分析やシステム設計、プログラム設計のドキュメント(UML)作成で使用。
10 弥生販売(2年生用PCのみ) 実際に企業の業務で使用されているソフト。業務分析のモデルシステムで使用。システム設計やプログラム設計などの授業でシステム開発のお手本として活用。
11 Microsoft Visio Pro システム設計などのドキュメント類で図的な要素が主になっている場合に活用する。
12 Windows10 64ビット OSソフト。
13 ウィルス対策 セキュリティ対策。
14 授業支援ソフト 画面転送、アンケート回収 など。
15 環境復元管理 再起動することで正常なソフト環境を維持するためのソフト。

ソフトは以上のとおりですが、必要に応じて無償で使用できるソフトはインストールして使っています。 また、2年次後半で行う卒業制作時には、生徒によって現在の環境で不足している場合もあるため、できる限り生徒の希望に沿うように必要な環境を整えるように努力しています。

インターネットについて

インターネットフィルタリングソフトによる有害サイトの遮断で安心して、常時、自由にインターネットを利用することができます。

特に実習では、教科書に書いていない部分や初めて学ぶ技術など、自身で理解できない場合は授業中でも積極的にインターネットを使うように指導しています。 ICT技術に関しては、インターネット上に有益な情報がたくさんあります。

サーバー機器

 [143KB]

サーバー群

主なサーバーは3台あり、次の機能を分散して使用しています。 これらのサーバーは生徒が実習で使っているクライアントパソコン(1,2年 各22台)を管理しています。

  1. Active Directory(各PC・実習環境を管理)
  2. ファイルサーバー(実習データの保存でWindowsとLinux各1台)
  3. プロキシサーバー(インターネット接続用)

その他機器

 [237KB]

カラープリンター
スキャナー

各学年の実習場にはカラープリンターやモノクロプリンターも常時使用できるようにしています。主に実習課題の成果物やレポートなどの印刷に使用していますが、資格試験対策や自己啓発のために必要であれば自由に印刷物を出力できます。

 [171KB]

ネットワーク機器
ファイヤーウォールなど

この他、HUBなどのネットワーク機器やインターネットを安全に使用するためにファイヤーウォール、サーバーのデータをバックアップするNASなどがあります。

また、タブレット端末(Windows10)やUPS(無停電電源装置)などの機器もあります。