幼稚園教員資格認定試験について

2014年02月04日 | コンテンツ番号 1052

文部科学省では、規制改革推進3か年計画(平成15年3月28日閣議決定)を踏まえ、幼稚園と保育所の連携を一層促進する観点から、保育士として一定の在職経験を有する者が幼稚園教諭免許状を取得する方策として「幼稚園教員資格認定試験」を実施しています。

幼稚園教員資格認定試験は、受験者の学力等が大学又は短期大学などにおいて幼稚園教諭の二種免許状を取得した者と同等の水準に達しているかどうかを判定するものです。この認定試験に合格した者は、都道府県教育委員会に申請すると、幼稚園教諭の二種免許状が授与されます。

なお、本試験は保育士資格を有する者に幼稚園教諭免許状の取得を義務付けるものではありません。

詳細については、文部科学省及び試験実施事務を行う独立行政法人教職員支援機構のウェブサイトをご覧ください。